顧客体験価値の提供を強化するネットワーク基盤の進化とは

Pocket

米国アパレル大手のGapの店舗

米国アパレル大手のGapはAIドリブンWi-Fiで店舗のデジタル変革を実現

小売業の顧客体験を変革するネットワーク基盤とは

 新型コロナにより小売業は大きな影響を受け、従来の実店舗運営とオンライン販売のハイブリッド型のビジネスモデルへの移行と変化が今後数年間にわたり続くと予測されている。小売業が買物客の体験価値を革新する「未来型店舗」を実現するためには、デジタル投資が不可欠になっている。

 そうした中で重要になるのが、デジタル拡張を支えるネットワーク基盤の構築。海外では新型コロナの影響だけでなく、デジタル化の競争が激化する中でSD-WANの導入が注目されている。

 SD-WANは、ルーターやスイッチなどネットワーク機器の制御を機器個別ではなく、ソフトウェアで一括制御するSDNの技術をWANに応用したソリューション。多店舗する小売業の場合、店舗の拡張や機能拡充の際にネットワークシステムをはじめとして、IT機器の拡張への対応やセキュリティなどが課題となるが、SD-WANの場合、拡張が容易で統合セキュリティの導入も可能。将来の拡張を想定した場合のコスト比較でも有利となる。

GapはAIドリブンWi-Fiで従業員と買物客に優れた体験価値を提供

 店舗では顧客体験の革新のため、さまざまデジタル施策が講じられている。顧客はモバイルデバイスを使って店舗のWi-Fiにアクセスする。それもiPhoneやAndroidなど様々なバージョンのOSが搭載されている。イベントやセールなどで店頭での買物客が増えれば、アクセス数は急増し、アクセスに時間がかかれば店舗の評価は下がる。

 米国アパレル大手のギャップ(Gap)では、ジュニパーネットワークスのSD-WANによる「AIドリブンMistプラットフォーム」を導入しネットワークを再構築することで、Wi-Fiをはじめとしたネットワークアクセスの問題を解決し、従業員と買物客に優れた体験価値を提供している。

 Gapの場合、Wi-Fiのトラブルの発見と解決に多大な時間を要していたが、現在ではデータを細分化してトラブルの種類や起きている店舗、場所をスピーディに把握することが可能になったという。それにより店舗への技術者の訪問回数を85%減らすことにつながった。

 世界90カ国にビジネスを展開するGapは、ジュニパーネットワークスの様々なソリューションを導入しグローバルネットワークを構築、クラウドサービスを有効活用し、競合他社との差別化を図るデジタル変革を実現している。特別レポートではGapの店舗デジタル変革の取り組みを紹介している。

受付は終了しました

資料提供企業 : ジュニパーネットワークス株式会社

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media