売場面積約7坪!「品川」駅構内で総菜専門店と戦う 東急ストアの小型店

2022/01/07 05:55
大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

 東急ストア(東京都/須田清社長)は12月、JR東日本旅客鉄道(東京都)がJR「品川」駅構内で運営する商業施設「エキュート品川」内に、「東急ストアフードステーションミニ エキュート品川店」(以下、エキュート品川店)をオープンした。デリカを主に販売する、売場面積は約22.57㎡(6.83坪)という超小型店に初めて挑戦しており、近年力を注いでいる小型店開発に弾みをつけたい考えだ。

JR「品川」駅構内の商業施設内に出店した「東急ストアフードステーションミニ エキュート品川店」
JR「品川」駅構内の商業施設内に出店した「東急ストアフードステーションミニ エキュート品川店」

約25の食の専門店が
集積する激戦区に出店

 エキュート品川店は、「エキュート品川」の1階、総菜やスイーツの専門店を約25店集積する「いろどりフード&スイーツ」エリアの中央部に出店している。東急ストアが近年開発を進める駅ナカ小型店を見た、JR東日本グループの東日本クロスステーション(東京都)から出店検要請を受けて開業した。売場面積は非常にコンパクトだが、今後の駅チカ・駅ナカ出店の足掛かりになると判断したという。

 東急ストアにとって「フードステーション ミニ」フォーマットでの出店は同店で2店目だ。しかし2号店として、東急電鉄「二子玉川」駅構内にオープンした「二子玉川駅構内店」(東京都世田谷区:19年11月開業)は「ミニ食品スーパー」という位置づけであるのに対し、エキュート品川店は「デリカショップ」という全く別の業態としてとらえ店舗開発を行っている。

 具体的には、新幹線の停車駅であることから、駅を利用するオフィスワーカーとともに、出張者や旅行者をメーンターゲットに設定。駅ナカに出店する食の専門店を参考にして、オペレーションや品揃えを組み立てている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media