ライフ最新の戦略フォーマット、ビオラル駅マルシェ大阪店の売場づくりを徹底解説!

取材・文:サテライトスコープ:森本守人
Pocket

ビオラル エキマルシェ大阪店

ビオラルエキマルシェ大阪店(ライフコーポレーション)

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1
電話:06-6342-0171
JR西日本「大阪」駅桜橋口すぐ(改札外すぐ)

見どころ
▶価値訴求にも力を入れるPB「BIO-RAL」
▶ビオラル靭店で加工した米飯類
▶自然派化粧品、有機ペットフードの品揃え

ビオラル エキマルシェ大阪店 三木尚子店長
三木尚子店長
「BIO-RALの商品を「知る」「使う」きっかけとなるエキナカ専門店として、お客さまのナチュラルライフスタイルをお手伝いいたします」

 ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長)は10月26日、JR西日本「大阪」駅構内に「ビオラル エキマルシェ大阪店」をオープンした。差別化をねらった付加価値型フォーマットで、新たな品揃え、売場づくりへ積極的にチャレンジしている。

 大阪駅桜橋口を出てすぐの場所に店を構える。駅構内の商業ゾーン「エキマルシェ大阪」のリニューアルに伴い、核テナントとして出店した。2024年度には大阪駅周辺の「うめきた2期開発」「大阪駅西地区再開発」が完了する見込みで、桜橋口側エリアのさらなる活性化が期待される。

 「ビオラル」は、ライフが展開する食品スーパー(SM)の戦略フォーマットだ。ドイツ語の「BIOLOGISCH(有機の)」と英語の「NATURAL(自然の)」を組み合わせた造語。1号店は16年6月の「ビオラル靭店」(大阪府)。20年12月には、首都圏に「ビオラル丸井吉祥寺店」を出し、今回で3店目となる。

 競争が激化する中、ライフは差別化を図れる分野として「ビオラル事業」に注力している。20年にはナチュラル志向のプライベートブランド(PB)「ライフナチュラル」を「BIO-RAL」へと刷新、各店で販売する。9月現在で144アイテムまで増えた。さらに改装のタイミングで「ビオラルコーナー」を波及。長期的に、同事業で売上高100億円をめざしている。

 エキマルシェ大阪店の売場面積は306㎡。取扱アイテム数は3500。内訳は農産192アイテム、畜産8アイテム、総菜・インストアベーカリー28アイテム。さらに日配は522SKU、加工食品2025SKU、酒類225SKU、生活関連品500アイテムとなっている。

 大きな特徴は、ナショナルブランド(NB)を

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media