伴大二郎の「デジマの真髄」

「デジタル化か死か(”Digitize or die”)」――。2015年にフィリップ・コトラー教授は「ワールド・マーケティング・サミット2015」でこう発言し、デジタル化の必要性を強く唱えた。実際、今日に至るまで、「オムニチャネル」や「OMO(オンラインとオフラインの融合)」といったキーワードのもと、世界中で店舗とデジタルの融合が徐々に進んできた。コロナ禍を経てそのスピードはさらに加速している。本連載ではとくに「デジタルマーケティング」の領域における最新の動きやトピックスについて、㈱ヤプリ エグゼクティブ・スペシャリスト/㈱顧客時間 プロジェクトマネージャー/db-lab代表を務める伴大二郎氏が語りつくす。

© 2021 by Diamond Retail Media