2019/02/13

【受付終了】メーカー・卸売業限定!AIの視点を取り入れたマーチャンダイジング戦略とは?進化するID-POSデータ分析緊急セミナー


 ドラッグストアと食品スーパーではブランド確立の手法が大きく異なります。今回のセミナーでは、これまで7年間に渡り、取り組んできたAI&ID-POS協働研究フォーラムでの活動成果を活かし、ドラッグストア、食品スーパー、それぞれのチャネル特性をいかしたスモールPDCA確立についてのポイントを解説します。
 また、昨年から取り入れたAIの研究成果を活かし、AIの視点を入れたマーチャンダイジング戦略の構築についても解説します。

※本セミナーはメーカー・卸売業の方限定のセミナーです。他業種の方は、事務局よりお断りさせていただく場合がございます。

開催概要

【開催日時】

 2019年2月26日(火) 14:00~16:00(13:30~受付開始)

【主催】

 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

【開催場所】

 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア セミナールーム
 東京都千代田区 神田神保町1-6-1タキイ東京ビル7階 TEL:03-5259-5933
 都営三田線・新宿線「神保町」、東京メトロ半蔵門線「神保町」A5出口より徒歩3分
 https://diamond-rm.net/company/

 

【参加対象】 メーカー、卸売業に従事されている経営者層、経営企画や店舗運営のご担当者、情報システムの責任者など

【参加費】 無料(メーカー、卸売業の方限定)

 

受付け終了しました

主なセミナー内容

第1講座:ドラッグストアとの協働によるスモールPDCA確立のポイント
第2講座:食品スーパーとの協働によるスモールPDCA確立のポイント
第3講座:ID-POS分析にAIの視点を入れたマーチャンダイジング戦略構築のポイント

講師

 株式会社IDプラスアイ 代表 鈴木聖一 氏

株式会社IDプラスアイ 代表 鈴木聖一 氏

講師プロフィール
1988年、慶應義塾大学商学部卒業。村田ゼミでマーケティングを学ぶ。 同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取組み、 1992年、PI値に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立。1998年、(有)PI研究所を設立。近年はPOSからID付POS、ビッグデータへの発展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立。ここ最近では、AIの研究開発にも取り組み、その成果を活かしたマーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略を提唱している。

申込締め切り

 2019年2月22日(金)

参加予定者数

 定員30名

※ご参加はメーカー、卸売業様に限らせていただきますのでご了承ください。
※受講者にはメールにて受講票をお送りします。
※申込多数の場合は抽選とさせていただきます。

 

受付け終了しました

 

*AIを活用したデータ分析を研究する「AI&ID-POS協働研究フォーラム」では、新たな研究会員を募集しています。今回のセミナー参加料は無料です。ぜひ、参加をご検討ください

 

〈注意事項〉

■講演内容は変更する場合がございます。

■満席になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。

■やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。

 

【個人情報の取り扱いについて】

■記載いただいた個人情報は、以下の目的で利用する事がございます。

* セミナー関する連絡
* 営業に関するご案内・情報発信・メールマガジン配信
* 講演企業との参加者情報共有

■記載いただいた個人情報は主催企業の個人情報取り扱いポリシーに基づいて取り扱いいたします。

* 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア/プライバシーポリシー
* https://diamond-rm.net/privacy/

 

【問い合わせ先】

「AI&ID-POS協働研究フォーラム」セミナー事務局
 E-mail:id-pos@diamond-rm.co.jp

 

関連記事を読む

© 2019 by Diamond Retail Media