2021年度3月 メーカー様向け 店頭販促セミナー 「コロナ禍を経験した今後の販売促進、商談の在り方」

2022/02/16 13:41
Pocket

店頭販促セミナー

昨年実施しました 2020年度メーカー様向け店頭販促セミナー「コロナ禍を起点とした今後の販売促進、商談の在り方」はおかげさまで大変好評いただきました。

昨年開催から約1年がたち、世の中の情勢もさらに変化いたしました。

今回の店頭販促セミナーは昨年度と同じ座組で、前回から1年を経て、店頭販促、商談などがどのように変化したのかを再度、検証し、各講師にお話いただきます。
株式会社リテイルインサイト倉林武也氏には『これからの時代の販売促進のポイント』~商談や企画のあり方、コロナ禍における売場のあり方を含めて~、株式会社マックス澤地正人氏には『DX化による戦略的ラウンダー活動で店頭売上を最大化する方法』と題して講演、最後にコープデリ生活協同組合連合会 京本健氏には『コロナ禍を経験した22年度以降の商談の在り方』をテーマにディスカッションいただきます。

また、今回はウェビナー配信でセミナーを実施いたします。在宅勤務でもパソコン、スマホなどで参加できます。

是非とも、ウェビナー配信での「店頭販促セミナー」への参加をご検討ください。

開催概要

日時

2022年3月23日(水)

ウェビナー配信 14:00-17:10

最終申し込み締切 2022年3月18日(金)
協賛

株式会社マックス

主催 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア
「店頭販促セミナー」運営事務局 担当:中村憲祐
費用 無料(※メーカー様限定)

お申込みについて

ご参加いただける方は下記のフォームから申込みください。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。
※配信先URL、ログインパスワードは申し込みいただきましたメールアドレスに後日、送付いたします
※メーカー様(食品、日雑貨、製薬)以外の方はお申込みいただいても受講できません。
 ご了承ください。

受付は終了しました

講演内容

14:00〜14:10
(約10分)

ダイヤモンド・リテイルメディア
サービスプログラムのトレンド説明

 

㈱ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 部長
深津 献児

14:10〜14:55
(約45分)

『これからの時代の販売促進のポイント』
~商談や企画のあり方、コロナ禍における売場のあり方を含めて~

 

【講演内容】
新型コロナウイルスは様々な課題を生みながら、同時にマーケティング活動や販売促進においては、買い物客やプロモーションの考え方や対応に関するスピードを速めました。従来の小売業とメーカーの(相互メリットの持てる)接点の作り方に加えて、新しい買い物行動や生活様式を捉えたテーマ・企画づくりが求められます。小売業においても、買い物客においても「プッシュ型」ではなく「プル型」の仕組みやアプローチが求められる時代、売場ほかでの事例を含めながら紹介を致します。

 

株式会社リテイルインサイト 代表取締役 コンサルタント 倉林武也氏株式会社リテイルインサイト
代表取締役 コンサルタント
倉林 武也

 

【講師プロフィール】
大学卒業後、マーケティング&セールスプロモーションの代理店株式会社クレオに入社。小売業やメーカー企業のマーケティング活動に携わる。2018年に株式会社リテイルインサイト(千代田区大手町)を起業し、小売業やメーカー企業や中小機構において、これからの販売促進や人材の育成について取り組む。日本プロモーショナルマーケティング協会・宣伝会議などで講演。テーマ:ショッパーインサイトほか。

14:55〜15:05
(約10分)

休憩

15:05〜16:00
(約55分)

『DX化による戦略的ラウンダー活動で店頭売上を最大化する方法』

 

【講演内容】
コロナ禍を経て消費者の購買行動は劇的に変わり、小売業の経営環境・店舗環境、メーカーの販促・営業活動、そして、店頭活動による売り場づくりの手法まで、大きな変革を余儀なくされています。中でも、店舗環境に合わせて売り場を最適化するラウンダー活動においては、DX化・データ利活用により、その活動プロセスや戦略戦術を進化させる取り組みが増えています。

本セミナーでは、店頭活動のDX化から「戦略的ラウンダー活動」を実現して、

  1. ポテンシャルを起点とした小売企業・店舗の巡回戦略
  2. BIツールによる活動の可視化と売り場の数値化
  3. 売上×売り場データを活用したメーカー商談力の強化

についてお話することで店頭売上を最大化するヒントを提案させて頂きます。

 

株式会社マックス
代表取締役社長 兼 CEO
澤地 正人

 

【講師プロフィール】
澤地 正人(さわち まさと 代表取締役社長 兼 CEO )

2004年株式会社マックスに入社後、店頭データを扱う新部門の立ち上げ、IT部門の立ち上げに参画。新規顧客の開拓を行う営業部門の責任者を経て、2022年代表取締役社長兼 CEOに就任。データを用いた戦略設計を得意とし、多数のメーカーの店頭活動支援に携わる。

16:00〜16:10
(約10分)

休憩

16:10〜17:10
(約60分)

「コロナ禍を経験した22年度以降の商談の在り方」

 

パネラー
コープデリ生活協同組合連合会
店舗グロサリー商品部 部長
グロサリーグループ長(兼)
京本 健

 

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media