スーパービバホーム埼玉大井店の塗料売場改革!販売が急伸したその戦略とは?

上明戸聡
Pocket

日頃から広い売場面積を生かし、塗料売場の豊富な品揃えで差別化を図るスーパービバホーム埼玉大井店。同店では、「キシラデコール」50周年記念キャンペーンを活用するなど、活発化する塗料市場でのユーザー定着に向けた取り組みを強化している。

エンドからの情報訴求や目に付くディスプレーで注目度を高める

 スーパービバホーム埼玉大井店は、「ビバモール埼玉大井」の核店舗として営業を行う超大型ホームセンターだ。同モールには、食品スーパー、衣料、書店、靴、眼鏡、飲食などの物販店舗のほか、アミューズメント、旅行、歯科などのサービス店舗が入居。西埼玉地域最大の「住生活を中心として食・衣まで揃う総合ショッピングセンター」として、高い集客力を誇る。

スーパービバホーム埼玉大井店
スーパービバホーム埼玉大井店

 同店の塗料売場を担当しているのが、塗料・ワーク・接着担当の渡邉真代氏。3月からキシラデコール(大阪ガスケミカル)の50周年記念キャンペーンと連動する売場を展開し、大きな効果を挙げている。

 渡邉氏は「当初、通常の定番売場にスポッターや応募はがきなどを配置しているだけでしたが、あまり動きが見られなかったため、エンドの売場をキシラデコールに特化して組み直し、等身大パネルやプレゼントのTシャツをディスプレーするなど、より目に付きやすい売場に変更しました。ヒロミさんの知名度や、モニターディスプレーの効果だと思いますが、販売動向は2倍以上に伸びています」と言う。

 エンドでは、水性タイプの「水性キシラデコール エクステリア」を陳列し、水性の特長や油性と同等の性能をボードなどでアピール。来店者から質問されることが多いポイントに答える内容の情報発信を行っている。

スーパービバホーム埼玉大井店の塗料売場のキャンペーンを訴求する売場
キャンペーンを訴求する売場では、エンドで「水性キシラデコール エクステリア」を集約して展開。モニターディスプレーなどを使用して訴求する

 「ほかの売場でも日頃からQ&A形式で、よくある疑問に答える内容のオリジナルPOPやのぼりを掲示しています」(渡邉氏)。

左からスーパービバホーム埼玉大井店店次長 澤中良介氏同店塗料・ワーク・接着担当渡邉真代氏同店チームリーダー布河谷淳氏
左からスーパービバホーム埼玉大井店店次長 澤中良介氏同店塗料・ワーク・接着担当渡邉真代氏同店チームリーダー布河谷淳氏

 また同店店次長の澤中良介氏は今回のキャンペーンについて、「もともと当店では店長をはじめ、自分でもDIYを手掛けるスタッフが多く、『キシラデコール』の品質の高さについては以前から実感していました。定番のSKUは同規模店と比べても多く、日頃から力を入れているブランドです。今回本部からキャンペーンの情報があり、他店の売場も見た結果、キャンペーンに関連した売場を展開することを決めました」と説明する。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media