ミニストップの年末商戦は? 不足が懸念されるチキンは昨年比108%を確保

榎森 順二
Pocket

ミニストップ(千葉県/藤本明裕社長)は11月、ブラックフライデーとクリスマスをターゲットとする年末商戦の商品説明会を開催した。商品展開の柱は次の3つになるという。
①ブラックフライデーにちなんだ「黒のオリジナルメニュー」と「96円引き」
②焼肉の「牛角」、クリームパンの「八天堂」とのコラボ商品
③金曜日のクリスマスイブに向けたケーキ、サラダ、チキンの品揃え

ブラックフライデーの“黒”にちなんだ「黒い商品」や「96円引き」

 ミニストップは、年末商戦の幕開けとして11月19日から10日間、全国の店舗で「ミニストップ ブラックフライデー」を開催する。イベントの目玉は、ブラックメロンパンなどの「ブラック食品」の展開と人気商品の「96円引き」だ。

 今回で4年目となるミニストップのブラックフライデーイベントは、イベントの少ない11月の重要な企画と位置付けられている。昨年は「ブラック無糖珈琲」のプレゼントを目玉企画にしたが、今年は「黒い食品」と「96(クロ)円の値引き」で勝負する。また今年は初めて、親会社であるイオン(千葉県/吉田昭夫社長)のブラックフライデーイベントと開催日を合わせた。

 ブラック食品は、すでに販売中の「佐野黒から揚げ」(4個入り203円/7個入り311円、以下すべて税込価格)に加え、「黒炒飯」(399円)、「ブラックチョコチップメロンパン」(138円)などを販売する。広報担当者は「ブラックフライデーの認知度の高まりに合わせて対象商品を増やし、イベントをさらに盛り上げたい」としている。

 96円値引きの対象は、ミニストップが“飲むデザート”として打ち出している「グルクル」シリーズから、「飲むカフェモカゼリー」「なつかしの珈琲ゼリー」で、期間中は本体価格369円が96円値引きされて273円になる。また、25日からの4日間は、人気商品の「X(エックス)フライドポテト」3個分が入った「バケツポテト」が本体価格396円となり、Xポテト1個分お得になる。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media