大きく伸長する注目カテゴリー「チーズ」、栄養素など健康訴求で新規ユーザー増加

ライター:山田陽美
Pocket

2021年のチーズ市場は、コロナ特需の裏年にあたるため、3月以降は前年割れが続いている。ただ、調理用途チーズ、直食系チーズともに需要は確実にアップしているといえそう。各社では引き続き、主力ブランドを強化し、市場の活性化を図っている。

21年度上期は前年割れだが、8月以降はプラスに転じる

 農林水産省の「チーズの需給表」によると、2020年度のチーズの国内総消費量は36万744トンで前年度比0.2%増と6年連続で過去最高を更新した。ここ数年は家飲みや内食志向により堅調に推移しており、20年はコロナ禍の外出自粛や在宅勤務などで、調理用途のチーズが大きく伸長。また、おやつやおつまみとして食べられている直食系のチーズも好調に推移している。

チーズのイメージ
ここ数年は家飲みや内食志向により堅調に推移しており、20年はコロナ禍の外出自粛や在宅勤務などで、調理用途のチーズが大きく伸長。また、おやつやおつまみとして食べられている直食系のチーズも好調に推移している。 i-stock/Magone

 KSP-POSのプロセスチーズの期間通算(2020年10月~21年9月)の金額PIは、8503円で対前年同期比0.8%減。2月までは前年を上回って推移しているが、3月~7月まで前年割れとなった。これはコロナ特需の裏年にあたるため。ただ、8月以降はプラスに転じており、9月は同4.2%増となった。10月に緊急事態宣言は解除されたが、内食生活や家飲みは続くことが予想され、各社ではおつまみチーズのラインアップを強化している。

 雪印メグミルクでは、今年9月にロングセラーの「6Pチーズ」シリーズからおつまみ需要に応えて、ブラックペッパーとホワイトペッパー2種類のペッパーを配合した刺激的な味わいの「6Pチーズ ペッパー入り」を発売した。また、「ベビーチーズ」のおつまみシリーズから「ガーリック ベビーチーズ」を新発売。すりおろしにんにくの風味にオニオンフレーバーを合わせたキレのある味わいだ。

 森永乳業では、「クラフト 切れてるチーズ」シリーズから、香ばしいスモークの風味が食欲をそそる、お酒のおつまみにぴったりな〈スモーク風味〉を数量限定で発売した。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media