健康意識がますます高まり「低カロリー甘味料」の日常使いが浸透、拡大する市場をレポート

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍において健康意識が高まったことで大きく伸長している低カロリー甘味料。肥満症や糖尿病リスク者だけでなく、健康に気づかう一般の人にも広がっていることで市場を押し上げた。引き続き、市場拡大が見込まれている低カロリー甘味料市場をレポートする。

10月~2月まで2ケタ増 順調な右肩上がりが続く

 KSP-POSデータの低カロリー甘味料の期間通算(2020年10月~21年9月)の金額PIは890円で、対前年同期比11.3%増。低カロリー甘味料は、血糖値やインスリン値を上昇させないが、甘みをしっかり味わうことができるため、肥満症や糖尿病リスク者に活用されてきた。ここ数年はダイエットや美容のために取り入れる人が増え、若年女性へと広がりをみせている。

健康イメージ
昨年は新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務や外出自粛が求められたことで、おうち時間が増え、料理やお菓子づくりに利用される機会も増えている。 i-stock/kazuma seki

 また、昨年は新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務や外出自粛が求められたことで、おうち時間が増え、料理やお菓子づくりに利用されたようだ。月別の金額PIをみると、前年の反動で前年割れとなった4月以外はすべての月で前年を上回った。とくに10月~2月までは2ケタ増となった。その後、やや落ち着いた感はあるが、9月には再び2ケタ増となっている。

 長引く外出自粛で、コロナ太りが気になる人が日常的に砂糖から低カロリー甘味料に置き換えているようだ。この1年で多くの人が低カロリー甘味料へ流入していることから、引き続き、継続購入を促進していくことが大切となる。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media