堅調に推移するシチュー市場、喫食機会増加でさらなる拡大のチャンスを掴めるか?

ライター:石山真紀
Pocket

秋冬の定番メニューのシチューだが、コロナ禍を機に内食需要が高まる中、チーズをたっぷり使ったシチューやポトフ、ビスクなど、定番以外のシチュー商品も増えたことで、消費者の選択の幅が広がってきている。

シチューイメージ
カレールウに比べて季節性の高いシチュールウだが、コロナ禍においては外食を避け家で食事を摂る機会が増えており、家族みんなで楽しめる煮込み料理の定番として市場を広げるチャンスはまだまだあるはずだ。 i-stock/zepp1969

コロナ禍の巣ごもり需要背景に堅調に推移

 KSP-POSによると、2020年10月から21年9月のシチュールウカテゴリーの期間通算金額PIは前年同期比0.6%増の1510円、数量PIは0.9%減の7.93と、金額・数量ともに前年並みという結果になった【図表】。

 月別の推移をみると新型コロナウイルスの感染拡大の影響による内食需要の高まりにより、21年2月までは前年を上回る数値で推移。とくに21年1月については前年比2ケタ増と好調だった。

 3月以降は緊急事態宣言下における外出自粛により、日持ちのする商品をまとめ買いする生活者が増えた前年の反動により、厳しい状況が半年続いた。

 7月までは前年を割り込んでいた同カテゴリーだが、8月については前年が猛暑だったこともあり、前年比31%増と大きく伸ばした。また、9月は緊急事態宣言中であったことに加えて、各社の新商品投入により店頭露出が増えたことで前年に対し微増で推移している。

 秋冬の煮込み料理の定番でもあるルウシチューは、カレールウに比べると気温の変化や天候等の影響を受けやすいカテゴリーとなっている。月別の数字を見るとシチューの立ち上がりとなる9月から一気に数字が上がり、10月から翌年2月までが山場となっていることがわかる。

 カレールウに比べて季節性の高いシチュールウだが、コロナ禍においては外食を避け家で食事を摂る機会が増えており、家族みんなで楽しめる煮込み料理の定番として市場を広げるチャンスはまだまだあるはずだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media