卸オリジナル商品市場、内食需要の高まりで簡便・時短ニーズに対応した商品が続々

ライター:山田陽美
Pocket

社会環境や時代のニーズに合わせて商品開発を行っている卸のオリジナル商品。長引く自粛生活により内食需要が高まったことで、時短ニーズに対応した冷凍食品に注力する卸が目立っている。各社の取り組みを探った。

下処理不要で食材ロスもない冷凍食品の需要がアップ

 単身者世帯や2人世帯の増加などにより、簡便食材の代表格である冷凍食品の需要が高まっている。それに加え、コロナ禍の内食需要の拡大により、時短ニーズに対応した冷凍食品の品揃えが充実し、間口・奥行きともに広がっている。

冷凍食品の買い物をしているイメージ
単身者世帯や2人世帯の増加に加え、コロナ禍の内食需要の拡大などにより簡便食材の代表格である冷凍食品の需要が高まっている。  i-stock/recep-bg

 三菱食品では、カット野菜と肉や魚介、タレがひと袋に入った冷凍ミールキット「ララ・キット」を展開。時短しつつもふだんとはひと味違ったメニューを楽しむことができるミールキットの需要は伸びており、同社ではこの秋、夫婦世帯、親子世帯を主なターゲットにした「Forシェアシリーズ」1品と、30~40代の女性を主なターゲットとした「For meシリーズ」2品の新商品をラインアップした。手間抜きでも楽しく料理や食事ができることを訴求している。

三菱食品の冷凍おかずキットの「ララ・キット」
三菱食品の冷凍おかずキットの「ララ・キット」
伊藤忠食品の「凍眠市場北海道産子持ちなめたかれい煮付」「同 さば味噌煮」
伊藤忠食品の「凍眠市場北海道産子持ちなめたかれい煮付」「同 さば味噌煮」

 伊藤忠食品では、凍結機器の製造・販売を行うテクニカンと共同で立ち上げた冷凍食品ブランド「凍眠市場」のラインアップを拡大。この秋は、魚の旨味と食感を堪能できるよう厚切りにした「凍眠市場北海道産子持なめたかれい煮付」と「同さば味噌煮」を発売した。魚の煮付けは家庭でつくるには魚の下処理など手間がかかるため、冷凍食品に対するニーズは高そうだ。

 一方、日本アクセスでは、安全・安心な国産シリーズとして、JA全農の「ニッポンエール」と「Delcy」のダブルネームで、冷凍野菜を13品展開。ここ数年、順調な拡大を続けており、なかでも「国産ささがきごぼう」や「九州産カット済みほうれん草」が売れ筋となっている。今年の秋には、ちょっと使いたい時に便利な「国産小口切り白ねぎ」と「国産カット済みにら」を新発売。これまでになかった商品で流通からも好評だ。

 冷凍野菜や冷凍食品は、下処理が不要で、食材ロスもないことから今後ますます需要が高まり、これまで以上に高い品質が求められることが予想される。

日本アクセスの国産冷凍野菜「国産 小口切り白ねぎ」「国産 カット済みにら」
日本アクセスの国産冷凍野菜「国産 小口切り白ねぎ」「国産 カット済みにら」

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media