ジンズ、センサー内蔵の新型眼鏡2タイプ発売、姿勢や集中度を計測

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ジンズのセンサー内蔵型眼鏡
旧型に比べて軽量化を実現、価格も大幅に引き下げた。アプリの利用料は月額500円

 眼鏡専門店のジンズは10月14日、センサー内蔵の眼鏡「JINS MEME(ジンズ ミーム)」の新型を2種類発売する。眼鏡とブルートゥースで無線接続し、計測結果を見られる専用アプリはサブスクリプション(定額課金)で提供する。

 同社は2015年11月にジンズ ミームを発売したが、新型ではセンサーとバッテリーを小型化し、軽量化を実現した。旧型では4万2120円(税込み)だった価格も大幅に引き下げた。

 新型ジンズ ミームは、眼鏡タイプが4型8種、サングラスタイプが2型4種で、価格は1万9800円。眼鏡は度付きレンズ代を含み、サングラスは度付きレンズが別料金となる。「JINS」の一部店舗(100店舗、眼鏡タイプのみ)とオンラインショップで販売する。

 また、もう1種類の「ジンズ ミーム+JINS SCREEN Kit(ジンズスクリーンキット)」は4型4種で、価格は2万3100円。度の入っていないブルーライトカットレンズが装着されており、価格は2万3100円。アマゾンのEC(インターネット通販)サイト限定で販売する。

 2種類とも眼電位センサーとモーションセンサーを搭載し、視線や体の動き、まばたきの間隔などを計測。専用アプリで姿勢の良し悪しや運動量、集中度合い、気持ちの安定性などを確認できる。

 アプリの利用料は月額500円(年払いは5000円)で、当初の1年間は無料とする。iOS版は10月6日からダウンロードできる。Android版は11月から提供の予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media