おうち時間の増加で家庭での飲用回数が増えるレギュラーコーヒー市場、今年のトレンドとは?

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍の外出自粛や在宅勤務が広がったことにより、家庭用レギュラーコーヒー市場は好調に推移している。簡便性の高い簡易抽出型コーヒーのほか、カフェインレス商品も年々需要を伸ばしている。

8月~1月まで金額PIは2ケタ増と好調に推移

 KSP-POSデータのレギュラーコーヒーの期間通算(2020年8月~21年7月)の金額PIは、4314円で対前年同期比5.7%増。月別金額PIでは、8月~1月まで2ケタ増と大きく伸長した。コロナ特需の裏年である21年4月以降は前年割れとなったが、堅調な推移といえそうだ。

コーヒーのイメージ
コロナ禍による外出自粛や在宅勤務が広がったことにより、家庭でレギュラーコーヒーを楽しむ人が増えている i-stock/kuppa_rock

 コロナ禍による外出自粛や在宅勤務が広がったことにより、家庭でレギュラーコーヒーを楽しむ人が増えている。働く人にとって朝は忙しく、それまでインスタントコーヒーなどを飲んでいた人が在宅勤務になり、時間の余裕があるため、レギュラーコーヒーを飲むなどの行動の変化がみられる。さらに自宅で過ごす時間が長くなるなか、リラックスするときなどにもコーヒーは活用されており、1日のなかの飲用杯数は増える傾向にある。

 全日本コーヒー協会によると、ひとり1週間あたりのコーヒーの飲用状況は、2018年が10.62杯だったのに対し20年は11.53杯。レギュラーコーヒーが4.41杯で18年より0.72杯増加となった。インスタントコーヒーやリキッドコーヒーも伸びているがレギュラーコーヒーの伸び率が一番大きかった。また、外出時に飲用することの多い缶コーヒーは微減となった。

 飲用場所別では、家庭が7.55杯で1.01杯増えた。喫茶店・コーヒーショップ、レストラン・ファストフード、職場・学校などは前年を下回った。コロナ禍でおうち時間が増えたことで、家庭で飲用する機会が増えていることが明らかになった。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media