反動減も、漬物・キムチともに前年超え!内食需要の高まりを受け堅調に推移

石山 真紀
Pocket

コロナ禍の内食需要の高まりを受けて、漬物やキムチのカテゴリーはコロナ流行から1年以上経過した現在も堅調に推移している。とくに「キムチ」は乳酸菌の健康効果に加え、料理などにも使いやすい汎用性の高さも魅力となっている。

反動減があったものの漬物・キムチともに前年超え

 KSP-POSデータによると、2020年8月から21年7月の漬物カテゴリー全体の期間通算金額PIは対前年同期比2.4%増の2万1227円、数量PIは同2.3%増の104.57となった。とくに20年8月、9月及び21年1月は前年比2ケタ増と大幅伸長。一方、21年4月以降は、コロナ禍直後のまとめ買いなどによる反動減により、前年を下回っている。

漬物
近年はらっきょうに含まれる食物繊維やキムチの乳酸菌といった健康面が注目され、コロナ禍による内食需要の高まりも追い風となって売場に活気が出てきている。 Yuuji/i-stock

 「キムチ」カテゴリーはさらに好調に推移している。キムチの20年8月から21年7月の期間通算の金額PIは8.2%増の6150円、数量PIは8.0%増の27.09となった。

 同カテゴリーは20年8月から21年2月まで2ケタ増が続いており、とくに緊急事態宣言が発令された21年1月は対前年同期比32%増と大幅な伸長となっている。

 また「らっきょう」の金額PIも対前年比4.6%増と好調に推移しており、内食需要の高まりが漬物カテゴリー全体の数字を押し上げる結果につながっているようだ。

 漬物カテゴリーは少子高齢化による世帯人数の減少や食の洋食化による米喫食率の減少、塩分を気にするシニア層による漬物の敬遠などを背景に長らくダウントレンドが続いていた。しかし近年はらっきょうに含まれる食物繊維やキムチの乳酸菌といった健康面が注目され、コロナ禍による内食需要の高まりも追い風となって売場に活気が出てきている。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media