2021年秋冬の総菜商品開発を徹底解説!進化する包材に着目した開発とは

文・解説=海蔵寺りかこ(KTMプランニングR代表)
Pocket

新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり特需に沸いた食品スーパー(SM)業界だが、内食需要の増大により、総菜部門の業績は軒並み足踏みしている。本稿では、総菜を取り巻く環境を整理し、2021年秋~冬の商品開発の方向性について考えてみたい。

総菜の市場規模が11年ぶりに縮小

総菜のイメージ
今後は、総菜商品の開発を総菜部門だけで考えず、食品部門トータルでどう取り組むべきか、各部門の強みを生かした総菜商品をどうつくるかがポイントになりそうだ。 i-stock/kuppa_rock

 まず、コロナ禍による総菜マーケットの変化を整理しておこう。日本惣菜協会が公表している「2021年版惣菜白書」によると、2020年の総菜市場規模は前年からマイナス5010億円の9兆8195億円。09年以来、右肩上がりで成長を続けていた市場が11年ぶりに縮小に転じた(図表❶)。

 要因は明確で、以下の4つ。①買物機会の減少により保存性の高いものが求められた、②リモートワークの普及により家族で食事をする機会が増え、料理するほうが経済的と判断する消費者が増加した、③外食業のデリバリー拡大、④生鮮、冷凍食品での総菜商品の拡大、だ。

 ただ、実際はデータほどの市場規模縮小は見られていないようだ。というのも、日本惣菜協会のデータには、外食業のデリバリー部門の数値は含まれていない。外食デリバリー市場は前年より約2000億円増えており、総菜市場のマイナス額の約4割はデリバリーに取って代わられたと考えてよい(図表❷)。また、足元では生鮮食品や冷凍食品の総菜化も進んでいる。現在の状況は、総菜の「部門としての踊り場」と言えそうだ。

真剣に考えたい「国産」“全部門参加型”の総菜とは

 今回のコロナ禍で、筆者が痛感したことがある。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media