食用油、家庭内調理機会の増加で20年度の市場規模は1600億円を突破

山田陽美(ライター)
Pocket

2020年度の家庭用食用油の市場規模は、内食機会の増加などもあり、4年連続で過去最高を更新。加熱調理に加え、オイルをそのままかけて楽しむスタイルが定着し、過去最大規模を4年連続で更新した。引き続き、健康性やおいしさなどを訴求することでさらなる成長が期待できる。

内食機会の増加でキャノーラ油、ごま油、こめ油が大幅に伸長

 インテージ社SCI-pデータをもとに日清オイリオグループが推計したところによると、2020年度の家庭用食用油市場は1667億円で、対前年比8%増。4年連続で過去最高を更新した。食用油がここ数年でポジティブに受け止められるようになったことに加え、オイルをそのままかけて楽しむ食習慣が広がったことが市場拡大につながっている。

食用油のイメージ
オイルをそのままかけて楽しむ食習慣が広がったことが市場拡大につながっている。 i-stock/masa44

 カテゴリーごとにみると、キャノーラ油は438億円で同11%増。プレミアムオイルなどへのシフトでここ数年は微減状態が続いていたが、20年度は内食機会の増加で、キャノーラ油の使用量が増えている。

 市場を牽引しているのが、フルーティーな香りと風味が特長のオリーブオイルで、20年度の市場規模は431億円で同0.7%増。市場の1/4のシェアを占めるまでに成長している。オリーブオイルの健康機能や多様な使い方は浸透してきているが、市場拡大のためにオリーブオイルの価値やおいしさを継続して訴求していく必要がある。

 ごま油もここ数年、大きく成長しているカテゴリーのひとつで、20年度の市場規模は368億円で同24.1%増。内食機会の増加で、ごま油を使う料理が増加傾向にあることで使用量がアップした。ごま油は家庭用食用油のなかで3番目に大きなカテゴリーにまで成長している。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media