シリアル市場が大きく伸長、健康や簡便さ、保存性などの商品価値が再評価され市場は好調!

室作 幸江(ライター)
Pocket

外出自粛による巣ごもり生活によって、健康感や簡便性、保存性の高さなどシリアル本来の価値が再評価され、市場は引き続き拡大傾向にある。コロナ禍でますます高まる健康志向を背景に、“より健康に、よりおいしく”を追求した新商品が次々と登場。さらなる拡大が期待されている。

コロナ禍で在宅時間が増加 おやつ需要も増えて好調

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出自粛を余儀なくされ、買い物頻度も減ったことから、家庭におけるシリアルの需要が大きく伸長している。健康感や簡便性、保存性の高さなどシリアルの基本価値が再評価されたのが要因だ。

シリアル イメージ
シリアル市場は間口も奥行きも拡大、結果として、市場全体が活況を呈している。 i-stock/VeselovaElena

 KSP-POSデータのシリアル全体の期間通算(2020年5月~21年4月)の金額PIを見ると、2917円で対前年同期比15.1%増。21年3月まで前年を大きく上回っている。一般に、冬場の需要が夏に比べて落ちるといわれているシリアルだが、今期はそうしたこともなく、高い伸びを維持。直近の21年4月は対前年同期比で11.4%減と落ち込んだが、これは20年4月に最初の緊急事態宣言が発出され、巣ごもり生活が始まったことで大きく跳ねた反動といえるだろう。

 一方、シリアルのなかでもグラノーラを含む大人向けシリアルの動向はどうか。期間通算(同)の金額PIは2221円で対前年同期比10.6%増。こちらも好調に推移している。在宅時間が増えたことで、朝食だけでなく、小腹がすいた時の間食としての需要も高まっており、第二次ブームの到来といえそうだ。

 長引くコロナ禍で、既存ユーザーはもちろんのこと、これまでシリアルを食べたことのなかった新規ユーザーも、以前は食べていた休眠ユーザーも取り込み、シリアル市場は間口も奥行きも拡大、結果として、市場全体が活況を呈している。

シリアル計とシリアル大人向けの金額PIおよび金額PI対前年推移

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media