低カロリー甘味料市場、コロナ禍で内食生活が浸透し、間口・奥行きともに拡大

山田陽美(ライター)
Pocket

健康イメージ
健康やダイエットを意識して低カロリー甘味料が選ばれているようだ。 i-stock/kazuma seki

健康意識の高まりを背景に伸長を続けている低カロリー甘味料市場は、コロナ禍においてその勢いがさらに加速している。内食生活が浸透したことで、料理やお菓子づくりなどに活用する人が増え、間口・奥行きともに拡大傾向にある。

4月以降は2ケタ増と大きく伸長

 KSP-POSデータの低カロリー甘味料の期間通算(2020年4月~21年3月)の金額PIは871円で対前年同期比18.1%増と大きく伸長。糖尿病や肥満症などのカロリー制限が必要な人だけでなく、ここ数年はダイエットや美容のために取り入れる人が増え、堅調に右肩上がりを続けてきたが、新型コロナウイルス感染症の流行により、さらに需要は伸びている。

 その理由のひとつは、糖尿病患者は新型コロナウイルスが重症化しやすいということが報道されたことで、日頃から血糖コントロールを行う人が増えたことに加えて、在宅勤務や外出自粛が求められたことで、おうち時間が増え、料理やお菓子づくりを行う人が増えており、健康やダイエットを意識して低カロリー甘味料が選ばれているようだ。

 月別にみると、1回目の緊急事態宣言期間の4月の金額PIは920円で同27.5%増、5月は887円で同19.3%増と大きく伸長。解除後も2ケタ増の伸長が続いている。運動不足による“コロナ太り”を気にして、日常的に砂糖から低カロリー甘味料に置き換える人が増えているようだ。この1年で低カロリー甘味料の間口・奥行きともに広がったものの、使用経験率はまだまだ低いため、引き続き、低カロリー甘味料の価値を提案していく必要がある。

低カロリー甘味料の金額PIおよび金額PI対前年推移

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media