第55回スーパーマーケット・トレードショー2021開催レポート

石山真紀(ライター)
Pocket

全国スーパーマーケット協会が主催する日本最大級の食品流通業界向け商談展示会「第55回 スーパーマーケット・トレードショー 2021」が2月17~19日の3日間、千葉・幕張メッセにて開催された。緊急事態宣言下という環境の中で万全の対策を講じ開催された同展示会をレポートする。

記念すべき55回目の開催!新たな生活様式に対応した内容に

 全国スーパーマーケット協会が主催する日本最大級の流通業向け展示会「第55回 スーパーマーケット・トレードショー 2021」(以下SMTS)は、ソーシャルディスタンスの考えのもと、完全招待制や非接触型の受付をはじめ、こまめな換気やブース間・通路幅に余裕を持たせるなど感染症対策に十分配慮したかたちで開催。「こだわり食品フェア」、「デリカテッセン・トレードショー」と合わせ、3日間で2万6385名が来場した。

スーパーマーケット・トレードショー2021の会場
通路幅を広げ、五感に訴えるリアルな商談をめざし多くのプロフェッショナルが来場した会場
全国スーパーマーケット協会の横山清会長
感染対策の上での開会式に登壇した全国スーパーマーケット協会の横山清会長

 同展示会は、全国スーパーマーケット協会会長の横山清氏による「SMTSスピークス」をはじめ、「スーパーマーケット白書」や「バイヤー大学」など、セミナープログラムの充実で知られる。今回は感染症拡大防止のため、会場内にステージを設けずWEBセミナーとして開催。専門性の高い講演やパネルディスカッションをオンライン上で実施し、直接参加が難しい流通業関係者からも好評を得た。

 主催者企画である1ホールの「てづくりNIPPON」は日本の伝統・伝承を重んじ、地域や質にこだわったつくり手の“技”や“想い“を、地域の食生活や食文化、歴史を絡めて提案。日本酒、焼酎、クラフトビール、ワイン、ウイスキーなど、約30社の商品を紹介した。

スーパーマーケット・トレードショー2021の会場内に設けられた「てづくりNIPPON」
「日本品質=JapanQuality」をテーマにつくり手の思いを伝える「てづくりNIPPON」

 弁当・総菜など中食産業の最新情報を発信する商談展示会「デリカテッセン・トレードショー 2021」内では、恒例の「お弁当・お惣菜大賞2021」を開催。応募総数4万2549件の中から選ばれた受賞商品をパネル展示したほか、フードコートでは一部の受賞商品の販売も行われた。

 また、「お弁当・お惣菜大賞2021」の受賞商品と店舗の紹介をはじめ、専門家・コンサルタントによる業界動向レポートやトレンド、デリカに注力する小売業の販売現場や取り組み状況のレポートなどを掲載した情報誌「惣菜デリ最前線2021」も配布された。

スーパーマーケット・トレードショー2021会場内の「お弁当・お惣菜大賞」コーナー
会場内の「お弁当・お惣菜大賞」コーナーでは受賞商品の紹介や「惣菜デリ最前線2021」の配布も

 今回はSMTS開催55回目を記念した冊子「スーパーマーケットGOGO」も配布。同トレードショーの歴史とともに、スーパーマーケットの歴史を振り返る内容となっており、多くの来場者が手に取っていた。SMTSの次回開催は22年2月16~18日を予定している。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media