コロナ禍で10年分のマーケティング効果!冷凍食品マーケットがいま熱い理由

冷凍食品ジャーナリスト 山本純子
Pocket

冷凍食品マーケットはいまどうなっているのか!? 答えは「激変」である。コロナ禍の1年で、生活者の冷凍食品に対する認識が変わり、売れる量も増え、売れる商品も広がった。外食に代わる価値ある商品も人気だ。購入層が広がり、そして購入する「場所」も広がっている。この購入場所の広がりが2021年のトピックとなりそうである。

イトーヨーカドー朝霞店の冷凍食品売場
イトーヨーカドー朝霞店の冷凍食品売場

 コロナ禍を背景に過去1年、家庭用冷凍食品の好調が続いている。20203月の「臨時休校要請」、4月の「緊急事態宣言」発令により、スーパーマーケットに殺到した消費者が競って買い求めた食品の中に、冷凍食品があった。冷凍ショーケースがからっぽになった店舗が続出、大量の発注に冷凍食品業界は供給に苦労する日々が続いた。家庭用冷凍食品販売の一大チャネル、生協宅配でも秋口まで供給不足が続いた。

「おいしい食品」「冷凍食品があって助かった」という声

ニチレイフーズ 本格炒め炒飯
マルハニチロ 焼豚五目炒飯
味の素冷凍食品 ザ★チャーハン

 振り返れば、家庭用冷凍食品の転機は、15年からの『炒飯戦争』であった。同年春、ニチレイフーズが炒飯カテゴリーナンバーワン独走中の「本格炒め炒飯」に追加30億円の設備投資を行い、品質アップのリニューアルを実施。ラグビーの五郎丸歩選手を起用したテレビCMも投入して注目を集めた。

 そして同年秋に、味の素冷凍食品が「ザ★チャーハン」を新発売。俳優、小栗旬さんを起用したTVCMにより、『男メシ』炒飯として大人気商品となった。以降、男性が、自分で食べたい冷凍食品を買い求める、という購買行動が生まれ、3040代の子育て主婦層というメーンユーザーのイメージがぼやけていくことになる。

 マルハニチロも炒飯CMに参戦して、炒飯市場は三つ巴。この話題を受けて、『美味しい冷凍食品』について、テレビ、雑誌をはじめさまざまなメディアが飛びつき、幅広い世代に商品情報が伝わった。男女年齢を問わず、『美味しい冷凍食品』に対する関心が芽生えたのである。また、有職主婦が増え、彼女らに響くことば、家事の『時短』に冷凍食品が最適だったことも後押しした。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media