栄養価が高く食卓に彩りを添える「煮豆」、健康意識の高まりで需要増

山田陽美(ライター)
Pocket

煮豆
煮豆市場の約半数を占める黒豆や金時豆などの甘い煮豆は、ヘルシーなおやつとしての需要を獲得して堅調に推移しているが、一方で野菜や昆布などの具材が入ったおかず系の煮豆は苦戦している。 Promo_Link/i-stock

食の多様化により、ここ数年微減傾向が続いていた煮豆市場だが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大により、内食化が進んだことから好調に推移した。健康感に加え、おいしさや食卓の彩りなど、煮豆のよさを訴求して市場の活性化していきたいところだ。

4月以降の金額PIは好調、12月はおせち需要で2ケタ増

 和食文化を支える食材として親しまれてきた豆類。中でも、手軽に食卓に出せる煮豆だが、ここ数年、市場は縮小傾向にある。煮豆市場の約半数を占める黒豆や金時豆などの甘い煮豆は、ヘルシーなおやつとしての需要を獲得して堅調に推移しているが、野菜や昆布などの具材が入った、おかず系の煮豆は苦戦している状況。おかず系の煮豆は若年層が食べなくなっているのに加え、昔ながらの甘い味付けが敬遠される傾向にあるようだ。

 煮豆のトップメーカーであるフジッコでは「おまめさん」シリーズとして、レギュラーに加え、砂糖を大幅にカットして豆本来の自然な甘さが楽しめる「甘さひかえた」シリーズ、そのまま食卓に出せる小分け、食べ切りの「豆小鉢」シリーズなどをラインアップし、市場を活性化している。

 縮小傾向にあった煮豆市場だが、コロナ禍で内食化が進んだことで、2020年は需要が高まっている。KSP-POSの煮豆の期間通算の金額PIは、2053円で対前年同期比3.2%増。月別にみると2月と3月は前年割れとなったが、1回目の緊急事態宣言発出の4月以降は前年を上回って推移している。

 煮豆は食卓に彩りを与えるほか、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素をバランスよく補うことができる。手軽におかずの1品として出せる煮豆は使いやすく、家庭の常備菜としてストックが進んだことが予想される。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media