コスパの高さが認知され、依然高いシェアをキープする「チリワイン」

山田陽美(ライター)
Pocket

 

ワイン イメージ
i-stock/Xsandra

新型コロナウイルス感染拡大により、家飲み需要が高まり、2020年の家庭用のワイン市場は好調だ。とくにリーズナブルなワインからちょっと贅沢が味わえるプレミアムなワインまで揃ったチリワインは依然、安定した需要となっている。

20年は家飲み需要を追い風に、各国のワインが伸長

 20年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、家庭用の輸入スティルワインは前年を超えて推移しており、とくに4、5月の1回目の緊急事態宣言時には大きく伸長した。ふだん外食でワインを飲んでいる人の家庭内飲用が進んだことが予想される。

 インテージSRIによると、原産国別販売金額では、各国ともに、4、5月を中心に伸長している。チリは対前年比2%増、フランスは同5%増、スペインは同14%増と好調で、各国ともに、4、5月に大きな山ができており、その後も堅調な推移となっている。

 また、量販市場の輸入スティルワイン(非発泡性ワイン)の原産国別販売金額において、チリワインのシェアは41%で前年を1.4%下回る結果となったが、依然としてチリワインが圧倒的なシェアで、トップをキープした。2位のフランスは22.9%で0.1%減、3位のスペインは10.1%で0.7%増、4位のイタリアは9.8%で0.4%増となった。19年に欧州FPAが発効され、欧州産ワインが値下げになったが、コストパフォーマンスが高く豊富な品揃えのチリワインには到底及ばず、依然としてチリワインが高いシェアをキープしている状況は変わっていない。

輸入スティルワイン「原産国別販売金額シェア」「原産国販売金額」

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media