1本5000円も!コロナ禍の恵方巻で二極化、豪華さ狙うスーパー、手頃でバラエティ感のコンビニ

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

コロナ禍で中食需要が高まる中、今年もスタートした恵方巻商戦。外食控えの影響で、おせちなど家で楽しむ季節商品に贅沢さや豪華さを求める向きもあり、恵方巻もこの例外ではない。大手スーパーマーケット(SM)各社と、コンビニエンスストア(CVS)大手三社の、2021年恵方巻ラインアップについてまとめた。
※記事中の価格は全て税抜き表記

イオンの恵方巻特設サイト
イオンの恵方巻特設サイト(https://chirashi.otoku.aeonsquare.net/sp/chirashi/ehoumaki/index.html

贅沢感あふれるイトーヨーカドーの恵方巻

 イトーヨーカドー(東京都/三枝富博社長)が今年の恵方巻の目玉として打ち出すのは、25種類の海鮮を巻き込んだ総重量1.2kgの「超・極太巻き」(一本4980円/ハーフ2500円)だ。イトーヨーカドー100周年を記念した商品で、何重にも具材を巻き込みひときわ目を引く豪華な恵方巻になっている。他には、割烹料理店の有名シェフの監修を受け、幻の高級魚クエを使った「料理人こだわりの炙りクエ幸運重ね巻」(1980円)などを販売。変わり種としては、海苔で巻かず、恵方巻の上にも具材を盛り付けた「福は内!絶品うにいくら贅沢巻」「鬼は外!豪快本鮪大とろ海鮮巻」(いずれも2680円)など、全体的に贅沢感や豪華さをアピールしたラインアップになっている。

イトーヨーカドーの特設サイト
イトーヨーカドーの特設サイト(https://www.itoyokado.co.jp/special/ehoumaki/index.html)。
「超・極太巻き」が大きく掲載されている

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media