2020年度上半期の注目カテゴリーランキング「食品編」 コロナ禍による内食生活の浸透で調味料など22カテゴリーが伸長

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

家族で夕飯 イメージ
コロナ禍による内食生活の浸透などの要因から伸長した食品が多い。 i-stock/kohei_hara

 2020年度上半期の注目カテゴリーランキング、食品では25カテゴリーを取り上げた。期間通算の金額PIで前年を上回ったのは22カテゴリー。そのうち12カテゴリーが2ケタ増となった。

 コロナ禍で内食生活が浸透したことで、「つゆ」や「鍋つゆ」「中華調味料」「お茶漬けの素」「キムチ」「塩こんぶ」「しょうが」などの調味料やご飯のお供となるカテゴリーが大きく伸長した。また、健康意識の高まりを受け好調な「低カロリー甘味料」や、家飲み需要や調理用途の拡大で「フレッシュチーズ」も2ケタ増となった。

 多くのカテゴリーがコロナ特需となったが、逆に向かい風となったのが「グミ」と「ガム」。オフィスや外出時の喫食が中心の両カテゴリーは前年割れとなった。

 全体的には“コロナ特需”が新たなユーザーの掘り起こしにつながったカテゴリーが多い。今後は彼らをリピーターとして育成していくことがカギとなる。

カテゴリー別金額P Iと対前年同期比

カテゴリー別金額P Iと対前年同期比
POSデータ出典:KSP-POS(食品スーパー)

●データ協力:データは、㈱KSP-SPのPOSデータサービス「KSPワイド 食品スーパー」を活用し、一部カテゴリーについては、ダイヤモンド・リテイルメディアが加工したもの。
●参加企業・参加店舗数:「KSPワイド 食品スーパー」データは全国約1030店舗の食品スーパーマーケットの販売実績データで構成されている。チェーン数は約150。㈱KSP-SPでは、このデータを10地区に分け、週次・月次単位に集計している。
● 分析指標は金額PIと数量PIを使用し、金額、数量の両面から各カテゴリーを多面的に分析している。
● 集計期間:今回使用したデータの集計期間は「カテゴリー内 売上シェア トップ20」が、2020年4~9月までの6カ月間。「金額PI 対前年比・月別推移(上半期)」「数量PI 対前年・月別推移(上半期)」が19年度上半期(19年4~9月)と、20年度上半期(20年4~9月)の比較である。

 

各カテゴリーの詳細はダイヤモンド・チェーンストア2021年1月15日号に記載

ご購入はこちら

DCSオンライン+会員の方はこちらから

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media