頻発する災害などによって注目が高まるエンジン式の発電機、ナカトミが発電機のラインアップを強化!

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

洪水 災害イメージ
発電機市場は東日本大震災を契機に活性化し、その後も災害が増えていることから注目され、家庭用のほか飲食店などの小型店舗などでも非常用電源として備えるケースも増えてきた。 画像はi-stock/kumikomini

通常の工事現場やレジャー用途のほか、頻発する災害などによって注目が高まるエンジン式の発電機。ナカトミでは「ドリームパワー」シリーズの発電機を販売しており、2020年5月にはカセットボンベ式のインバーター発電機「EIGG︲600D」を投入するなどラインアップを強化。用途や目的によって、多様な選択肢を提供している。

用途に合わせて多様な選択肢を提供する「ドリームパワー」発電機のフルラインアップ

手軽な使用感が特徴のカセットボンベ式

 ナカトミの発電機は5アイテム6機種。パソコンや精密機器にも使用できる家庭用電源と同質の良質な電源を供給できるインバータータイプと、土木作業や建築現場などでの作業に適したインバーターを装備していないスタンダードタイプの2ラインを揃えている。

 そのうち2020年に発売された最新モデルが、インバーター発電機カセットボンベ式「EIGG︲600D」。その他のガソリンエンジンで発電する機種と異なり、カセット式のガスボンベを燃料に使用する点が最大の特徴となっている。カセットボンベは手軽で扱いやすく、危険物として販売手続きが定められているガソリンと比べ、簡単に購入でき、家庭での長期の保管も可能だ。

ナカトミの「ドリームパワー」発電機のフルラインアップ

 カセットコンロと同様に、カセットボンベをセットするだけで使用することができるという手軽さも魅力。本体重量約14㎏と小型軽量設計で持ち運びにも便利。AC出力2口、DC出力1口のほか、スマホやタブレットなどの電子デバイスの充電にも便利なUSB出力2口が装備されている。オプションコードを使用することで、2台並列運転も可能だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media