食用油市場、内食需要の高まりを受け3月~8月に大きく伸長 ごま油は驚異的な伸びを記録

山田陽美(ライター)
Pocket

健康感の高まりでえごま油やアマニ油が台頭

 内食化や健康志向の高まりで、存在感が高まっているのがえごま油とアマニ油だ。体内のさまざまな機能をサポートしてくれるオメガ3(n-3系脂肪酸)が多く含まれているのが特徴。TVの情報番組で取り上げられたことをきっかけに認知が広がっている。

 昨年秋にJ-オイルミルズがえごま油に本格参入し、この秋にはえごま油とアマニ油を「オメガ3」シリーズとしてリニューアルし、開封後も鮮度をキープする「鮮度キープボトル」を採用した。また、加熱に強いコーン油とブレンドした加熱調理に最適な「アマニブレンド油」と「えごまブレンド油」をラインアップ。手軽に使えるブレンド油を提案することで、新規ユーザーを獲得する。店頭では「オメガ3」として提案し、視認性を高めていく。

 日清オイリオグループでは、この秋に「日清有機えごま油」を鮮度のオイルシリーズと、トライアルしやすい小容量50g瓶の2品を新発売した。

 えごま油とアマニ油の認知は広がっているものの購入率はまだまだ低いため、ブレンド油や小容量タイプなど、トライアルしやすい商品を品揃えすることで、需要拡大を図りたいところだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media