顧客の来店価値を高める売場づくりとは!?

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長)の「ライフ夙川店」では、「オーガニック」「健康」などをテーマにした売場づくりを行う同社の独自フォーマット店舗「ビオラル靭店」の一部商品を集積した「ビオラルコーナー」を設置。夙川店では3尺のゴンドラ12本を使い同社最大規模で展開する。

ライフ夙川店の「ビオラルコーナー」
オーガニックや健康をテーマにした「ビオラルコーナー」を設置/ライフ夙川店(兵庫県西宮市)

 阪急オアシス(大阪府/並松誠社長)の「阪急オアシス茨木駅前店」では、商圏内に若い世代や、大阪の都市部で働くトレンドに敏感な人が多いことから、美容と健康関連の食品や飲料を集積した「ヘルス&ビューティ」コーナーを設置。「低糖質」「高たんぱく」「薬膳」などの話題性あるテーマごとに商品を集積し、競合店との差別化を図る。

阪急オアシス茨木駅前店の「ヘルス&ビューティ」コーナー
美容と健康関連の食品や飲料を集積した「ヘルス&ビューティ」コーナー/阪急オアシス茨木駅前店(大阪府茨木市)

 良品計画(東京都/松﨑曉社長)の「無印良品 直江津」では、上越産の旬の野菜や伝統野菜を販売する「なおえつ良品食堂」を展開。地元の「JAえちご上越」が運営する農産物直売所「旬菜交流館 あるるん畑」と協業運営しており、野菜のほか、地元の発酵食品や米、酒類なども取り扱う。

無印良品 直江津の「なおえつ良品食堂」
上越産の旬の野菜や伝統野菜を販売する「なおえつ良品食堂」/無印良品 直江津(新潟県上越市)

 サミット(東京都/服部哲也社長)の「サミットストア桜木町コレットマーレ店」では、天井にテントを設置し、マルシェのような空間を演出している。また、壁面に大きなガラス窓を採用し加工シーンを見せることで、出来たて感を訴求する売場づくりを行っている。

サミットストア桜木町コレットマーレ店の売場
壁面に大きなガラス窓を採用し、出来たて感を訴求する/サミットストア桜木町コレットマーレ店(神奈川県横浜市)

 ベイシア(群馬県/橋本浩英社長)の「ベイシア前橋吉岡店」の青果売場では、天井を高くすることで開放感のある空間を演出。ビジュアルマーチャンダイジングにも取り組むことで、マルシェのような空間を構築している。

ベイシア前橋吉岡店の店内
天井を高くすることで開放感のある空間を演出する/ベイシア前橋吉岡店(群馬県北群馬郡)

 マックスバリュ関東(東京都/手塚大輔社長)の「マックスバリュおゆみ野店」は、リニューアルに際し「買い物体験型スーパーマーケット」へと転換。味覚だけでなく、目で見て、香りを感じて、音を聞いて、出来たて商品に触れられる、五感を刺激できるような売場づくりに注力している。

マックスバリュおゆみ野店の売場
「買い物体験型スーパーマーケット」へと転換し、五感を刺激する売場づくりに注力する/マックスバリュおゆみ野店(千葉県千葉市)

 フードウェイ(福岡県/後藤圭介社長)の「フードウェイソコラ武蔵小金井クロス」では、競合店との差別化対策としてチーズの量り売りコーナーを導入。専門性のある品揃えで他店との差別化を図っている。

フードウェイソコラ武蔵小金井クロスのチーズ売場
生鮮強化と専門性のある品揃えで他店との差別化を図る/フードウェイソコラ武蔵小金井クロス(東京都小金井市)

 東急ストア(東京都/須田清社長)の「東急ストア綱島駅前店」は、駅構内立地のため、店内に太い柱が多く存在する。そこで同店では柱回りを活用し、定番棚やリーチインの冷蔵ケースを設置している。

急ストア綱島駅前店の柱回りを活用した売場
柱回りを活用し、定番棚やリーチインの冷蔵ケースを設置している/東急ストア綱島駅前店(神奈川県横浜市)

※掲載した写真はすべて取材時のものです。
 現在の売場と異なる場合があります。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media