糖質オフ商品(加工食品)、シリアル類の需要拡大が後押し市場は前期比プラスで好調

文=室作幸江(ライター)
Pocket

「フルグラ糖質オフ」が首位サラダチキンも健闘

糖質オフ商品(加工食品)売上ランキング トップ20 
【対象商品】加工食品で、かつ登録商品名に”糖質”が含まれる商品

 20年7月ランキング1位となったカルビーの「フルグラ糖質オフ」が単品で金額構成比13.4%を占めており、一人勝ちの状態だ。前年比146%と大きく伸長しているのもコロナ禍の需要拡大の影響と推測できる。

 トップ20の中で特筆すべきは、「その他加工肉類」に分類されるサラダチキンの健闘だろう。7位、8位、11位に伊藤ハムの「糖質0サラダチキン」シリーズが、13位にプリマハムの「糖質0サラダチキンハーブ」がランクインしている。外出自粛による運動不足もあって、たんぱく質を積極的に摂取したいが糖質は控えたいという思いと、そのまま食べられる簡便性が支持され、購入につながったと考えられる。

 なお、新商品は「その他水物」でみられるが、トップ20圏内には入っていない。ほかのジャンルにおいても活発に新商品が発売されている状況ではない。

 

この特集はこれで終了です。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media