「ポテサラ論争」への回答からみえる商品コピーに必要な「買い手のハッピー」

2020/08/28 05:55
川上徹也 コピーライター

こんにちは。コピーライターの川上徹也です。この連載では「店舗の皆さんが、チラシ・POP・メニューなどでどのような言葉やストーリーを書けば売り上げに繋がるか」の理論について、実例を交えつつ紹介しています。今回は「ベネフィットを訴求する」という手法をお伝えします。

対面販売のサラダ
コピーを考えるときは、商品を買う人にとってどのような利益があるかを考えることが必要だ

「ポテサラ論争の完璧な回答」とは?

 今年の7月上旬に、ツイッターで巻き起こった「ポテサラ論争」をご存知でしょうか? きっかけになったのは、とある女性が投稿した以下のツイートからでした。

 「『母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ』の声に驚いて振り向くと、惣菜コーナーで高齢の男性と、幼児連れの女性。男性はサッサと立ち去ったけど、女性は惣菜パックを手にして俯いたまま。私は咄嗟に娘を連れて、女性の目の前でポテトサラダ買った。2パックも買った。大丈夫ですよと念じながら」

 このツイートは、 13万2000件のリツイートと39万件の「いいね」がつき(8/11現在)、当時トレンドワードに「ポテトサラダ」が入るくらいに話題になりました。

 他人にそんな失礼をことを言う人間がいるのかという非難の声が多数でしたが、一方でポテトサラダを作るのが簡単か難しいかという論論もおきました。

 そんな中、さいみん(@saimin_echo)さんが「近所のスーパーのお惣菜コーナーは『ポテサラくらい作ったらどうだ』に対する完璧な回答を出してる」というツイートとともに、惣菜コーナーのPOPの写真を投稿しました。それが以下のものです。

 このPOPに書かれているコピーを文字化すると以下のようになります。

このコーナーで売っているのは時間です。
夕食にぴったりな時短メニュー大集合!
調理時間短縮に「お惣菜」
「手を抜いた」と言われないために
お気に入りのお皿に盛りつけるだけで
「手作り気分」ですよね!

 このPOPは“ポテサラ論争”に関係なく以前からあったものらしいですが、共感の声が多くよせられ、3万7000件のリツイートと9万7000件の「いいね」がつき話題になりました。では多くの人は、なぜこのPOPのコピーに共感したのでしょう? それは、買い手のベネフィットが書かれていたからです。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media