組織体制変更、新レイアウト導入、メニュー開発…マルエツが挑む「総菜強化」の最前線!

2020/08/12 05:55
雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)

マルエツ(東京都)が総菜強化の取り組みを本格化させている。7月に神奈川県横浜市内でオープンした新店では同社で初めて生鮮と総菜の売場を一体化したレイアウトを導入。商品面でも生鮮素材を積極的に用い、鮮度、味、価格、見た目にこだわった魅力的なメニューを拡充した。近年は業績の低空飛行が続くマルエツだが、こうした総菜革新の動きは停滞ムードを打破する起爆剤となるか――。

マルエツ横浜最戸店
7月17日に横浜市内にオープンした「マルエツ横浜最戸店」

 売場でもバックスペースでも、
生鮮と総菜の一体化を図る

 マルエツが7月17日に神奈川県横浜市港南区にオープンした「マルエツ横浜最戸(さいど)店」(以下、横浜最戸店)。2005年まで「マルエツ最戸店」として営業していたが競争激化により撤退、土地自体は所有したまま「食品館あおば」を運営するビッグライズ(神奈川県)とリース契約を結び、同地では「食品館あおば最戸店」が営業していた。しかしリース期限が終了を迎えるに際しマルエツは再度出店を決断。古瀬良多社長は「これまでの集大成となるような店づくりにチャレンジした。会社としても気合が入っている」と気を吐く。

 古瀬社長が言う“集大成”の大きな部分を占めているとみられるのが、総菜だ。鮮魚店を祖業とすることもあり、マルエツはかねて生鮮部門を強みとして打ち出し、顧客からの支持を集めてきた。しかし、古瀬社長は昨年3月のトップ就任以降、総菜強化の姿勢を明確に打ち出した店づくりを志向。その皮切りとなったのが196月開業の「江戸川橋店」(東京都新宿区)で、総菜メニューとしてはめずらしい鉄板で焼き上げたステーキや、「パプリカの肉詰め」や「ラタトゥイユ」といった彩り豊かな洋風メニューの提案、店内加工のフレッシュサラダの販売などにチャレンジした。

 さらに今年2月には社内の組織変更を実施し、総菜強化の最前線として「フレッシュデリカ統括部」を新設。それまで「精肉」「青果」「鮮魚」「デリカ」として部門ごとに独立していた組織をフレッシュデリカ統括部に集約した。生鮮各部門と総菜の垣根を取り払い、売場づくりや商品開発の面での柔軟性を持たせるねらいだ。

 この新しい組織体制のもと、現時点での「総菜強化」の取り組みの集大成として位置付けられるのが、横浜最戸店である。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media