カテゴリーフォーカス:フリーズドライ、軽くて長期保存ができ栄養の損失が少ないFD食品に注目

2020/08/05 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 文=山田陽美(ライター)

単身世帯や高齢者の増加により、個食化が進行していることから、お湯をかけるだけで手軽に1人前をつくれるフリーズドライ(FD)商品が好調だ。味噌汁やスープを中心に、さまざまなカテゴリーに広がりをみせており、今後も安定成長が予想されている。

単身世帯の食卓
写真はgetty/image

マーケットトレンド

巣ごもり需要の拡大により2月から味噌汁、スープ類ともに好調

 フリーズドライ製法は、過度に加熱をしないため、栄養成分の損失が少なく、具の再現感や量の多さなどが特徴。軽くて持ち運びに便利で長期保存ができるため、非常食としても注目されている。

 FD食品はふりかけやお茶漬けの素、カップ麺の具材、鍋つゆなどさまざまなカテゴリーで展開されており、なかでも大きなボリュームを占めるのが味噌汁だ。

 インテージのSRIデータによると、味噌汁の販売金額の期間通算(2019年6月~20年5月)の対前年同期比は12.5%増と好調に推移。月別にみると1月から5月まで2ケタ増で推移している。健康志向の高まりを受けて積極的に味噌汁を摂取する傾向にあり、なかでも手軽に本格的な味わいで、具の種類も多いFDの即席味噌汁が好調に推移している。それに加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い“巣ごもり”需要が拡大したことで、家庭内ストックとして即席味噌汁のニーズが高まったようだ。2月~3月は同20%以上と高い伸びとなっている。

フリーズドライ図表

 味噌汁は、FD食品の老舗のアマノフーズやアスザックフーズ、永谷園、味の素など競合が多いカテゴリーだ。

 一方、スープ類の販売金額の期間通算の対前年同期比は0.7%増と微増。8月~1月までは前年割れとなったが、2月からは前年を上回り、3月と4月は2ケタ増となった。味噌汁同様に新型コロナウイルスの感染拡大により、内食化が進行したことでスープ類の売上も拡大している。FDのスープ類は具の再現度が高く、バリエーションが豊富なのが特徴だ。そのままスープとして楽しむのはもちろん、リゾットやドリア、パスタなど、アレンジメニューがつくれるのも魅力のひとつだ。

ご飯ものやデザートまでラインアップが充実

 ご飯ものやデザートまでラインアップが充実FD食品は味噌汁やスープ類だけでなく、種類が豊富で、アマノフーズでは味噌汁のほか、親子丼や中華丼などの丼ものや炊き込みご飯、リゾット、中華粥、雑炊などのご飯もの、パスタシリーズなどを展開している。

 アスザックフーズでは、味噌汁やスープのほか、だしにこだわったシリーズやだし巻き卵の素、あと1品足りないときに最適な総菜、卵1個でつくれる茶碗蒸しの素を展開している。なかでも好評なのが、「牛乳でつくる飲むデザート」。お湯での調理が常識だったFD業界の中で、冷たい牛乳で溶かす技術は世界初で、2003年に発売した「ザク切りいちご」は、いちごの果肉感が人気でロングセラー商品となっている。同社ではFD製法を生かした新たな商品開発に取り組んでいる。

 野菜の栄養を損なうことなく、手軽においしく味わえるFD食品のニーズはさらに高まることが予想されている。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media