冷凍食品市場もからあげが熱い!各社の注目商品をチェック!=連載:深堀りすれば見えてくる「からあげ」

2020/04/23 11:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

家庭で揚げものをする頻度が減少傾向にあるなか、手軽に揚げものを楽しめる冷凍食品が支持を集めている。メーカー各社の加工技術は年々進化しており、なかでもからあげは味にこだわったヒット商品が数多く生まれている。そこで今回は、冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏に冷凍食品の魅力と注目のからあげ冷凍食品を教えてもらった。

保存料不使用で安全・安心食卓系の商品が人気

冷凍食品のから揚げラインナップ

冷凍食品ジャーナリスト 山本純子氏
冷凍食品ジャーナリスト 山本純子氏

 揚げる手間が面倒だったり、使い終わった油の始末やキッチンの後片付けがネックとなって、家庭で揚げものをする人は少なくなり、その頻度も減少傾向にある。とくに近年は共働き世代が増えたこともあって、揚げもの料理離れが進んでいる。

 しかしながら、自分でつくるのには抵抗があっても揚げものは食べたい。そんな思いに応えてくれるのが、スーパーの総菜や冷凍食品の揚げものだ。どちらもここ数年、味の進化が目覚ましく、格段においしくなっている。その筆頭に挙げられるのがからあげだろう。賞味期限が長く、まとめ買いもできるという点で、冷凍食品のからあげは評判がよく、常備している消費者も少なくないようだ。

 「冷凍食品のいちばんのメリットは保存料を使用せずとも腐らないという点です」と話すのは、冷凍食品の報道に携わって38年になる、冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏。マイナス18度以下で保管するため細菌は繁殖できず、結果、保存料を使う必要がない。だから、安心して食べられるうえ、食品ロスもない。とかく“手抜き”イメージのある冷凍食品だが、山本氏によれば、“食材を洗う、切る、調理する”といった手間をメーカーが肩代わりし、おいしく調理したものをそのまま急速凍結の技術によって、消費者に届けてくれる“手間抜き”料理なのだとか。

 「かつてはお弁当用が主流でしたが、最近ではむしろ食卓系の商品が増え、しかもお弁当用と兼用できるものが人気ですね」(山本氏)

 また、最近の傾向として冷凍食品の買場が増えていることも指摘する。スーパーだけでなく、コンビニエンスストアやドラッグストア、ネットスーパーなどでも購入できるようになり、広がりを見せている。これに伴い、味やターゲットにこだわった商品が続々登場。とくにからあげはブームも後押しして、メーカー各社がしのぎを削っている。冷凍食品市場はまさに群雄割拠の時代に突入したといえそうだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media