コロナウイルス禍で需要急増!D2Cのサブスク完全栄養食宅配モデルのベースフード

2020/04/09 05:55
兵藤雄之

新型コロナウイルス対策として政府が打ち出した休校要請、学校閉鎖などの影響で、EC(ネット通販)に特需が発生している。再配達ゼロアプリ「ウケトル」(ウケトル運営、横濱悠平社長)の調べによれば、2020年2月28日から3月6日の1週間EC出荷数は、前週(2月21日~27日)の1.6倍になったという。そうしたなか、注目を集めているのが、D2Cのサブスク型完全栄養食宅配モデルを展開するベースフードだ

在宅勤務をきっかけに、ランチ用にベースフードの購入を始めた人も多い。写真の「ベースブレッド」は糖質を35%カットした完全栄養食のパン
在宅勤務をきっかけに、ランチ用にベースフードの購入を始めた人も多い。写真の「ベースブレッド」は糖質を35%カットした完全栄養食のパン

糖質カットした完全栄養食の麺、パン

 コロナウイルス感染拡大に伴い、学校・幼稚園などの休校・休園、外出自粛、在宅勤務・テレワークの増加といった背景から、「昼食をどうするか」といったことへの関心が高まっている。

 日本よりいっそう厳しい状況にある米国では、スーパーで食材が手に入りにくくなり、首都ワシントンでは外出禁止令が出されるなど、日常生活を維持するための負担が日々高まっている。

 こうしたなか、日米、双方から注目を集めている食品が、オンラインストアから注文できる完全栄養食だ。

 完全栄養食というのは、日本の場合、厚生労働省が策定した食事摂取基準に基づき、ビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維など、人間が生活していくうえで1食に必要な栄養素が含まれている食品(米国の場合、FDA<アメリカ食品医薬局>の規定に基づく)のことだ。

 この分野において、世界初の完全栄養の麺「BASE NOODLE(ベースヌードル)」、世界初の完全栄養のパン「BASE BREAD(ベースブレッド)」を開発販売するのが、20164月設立のフードテック企業、ベースフード(東京都/橋本舜社長)。1710月に1億円、19年5月に4億円を、それぞれ資金調達している。

「ベースヌードル」は、生パスタに対し45%糖質をカットした完全栄養食の生麺で、熱湯で3分ゆでて、好みのソースをからめて食べる。「ベースブレッド」は糖質を35%カットした完全栄養食のパン。袋から取り出してそのまま食べることができ、バターやチョコクリームをそえたり、ハムやチーズをはさんだり、好みのアレンジで楽しむことができる。いずれも、合成保存料、合成香料、合成着色料は不使用、1食(ベースブレッドは12個)で1日に必要な栄養素の3分の1をとることができる。常温保存で、手元に届いてから約1カ月が賞味期限だ。

 172月にベースヌードルの前身となる「BASE PASTA(ベースパスタ)」の日本での販売をスタートさせ、19年9月からは米国での販売も始めた(BASE FOOD,US.,Inc.)。

 19年の販売数量は前年比で4倍以上伸び、ベースヌードル、ベースブレッド(以下、両者の総称としてベースフードと表記)の合計累計販売食数は134万食を超えた。確実にスケールメリットも生まれてきている。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media