【ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020】エクステリア:物置部門

2020/02/25 09:27
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

グランプレステージドアーズ

~グランプレステージドアーズ ㈱田窪工業所~
「グランプレステージ ジャンプ」の姉妹シリーズ2 ロックシステムで防犯性強化

デザイン性と機能が求められる物置

「エクステリア 物置」部門のヒット商品の回答は、田窪工業所の製品をあげるところが多かった。毎年のように物置の各シリーズでバリエーションを増やしていることが、ホームセンター(HC)のヒット商品として育つ要因だ。

近年の一般的な一戸建て住宅は収納性の充実・工夫によって、屋内の収納スペースが増える傾向にある。そのため、物置は小型タイプが主流になっており、さらにデザイン性や付加価値の高い機能のあるタイプが消費者から高い支持を集めている。

じつは2年前の「ヒット商品2018」でも、田窪工業所の小型物置の「グランプレステージ ジャンプ」が受賞。同商品は、2000年に発売した物置シリーズ「グランプレステージ」を16年にフルモデルチェンジ。それまでの物置の概念を大きく変えるファッション性が市場で高く評価され、今も売れ筋商品としてヒットしている。

今年のヒット商品を受賞したのは、「グランプレステージ ジャンプ」の姉妹シリーズとして発売された小型物置の「グランプレステージ ドアーズ」だ。同商品は小型物置ながら、観音開きの扉を採用して開口部を広く確保。また、大きな取手のラッチ錠とハードロック錠の2ロックシステムで、防犯機能を強化した物置である。

「グランプレステージ ジャンプ」と「グランプレステージ ドアーズ」、続けてヒット商品となったことは、収納スペースが増える住宅事情があっても、物置が成長性を持つカテゴリーであることを証左している。

使用シーンを想起する売場提案が高評価

グランプレステージ ドアーズ評価
グランプレステージ ドアーズ評価

「ブランド力」「新規機能性」「斬新さ(デザインなど)「売場提案(販促)」の4項目で、最高の評価となった。

物置の専業メーカーとして、田窪工業所のHCの店頭における認知は高い。物置は屋外に設置する商品のため、専業メーカーであることの信頼が求められる。

「新規機能性」は、前述した、観音開きの扉、2ロックシステムだけでなく、収納性、耐蝕性など、きめ細かな商品設計になっていることが評価されている。屋根にアルミで装飾を付け、扉にはディンプルを施して陰影を設けて、高級感と上品さを演出したことがデザイン性でも評価を得た。

さらに、商品の特徴や使い方などについての情報を発信する専用のPOPや販促物を用意。消費者が商品の実物を実際に見て使用シーンを想起させるような売場づくりを提案している。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media