【ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020】ペット:小動物・観賞魚用品部門

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

静音性の高い回し車装着で大ヒット商品に飛躍

「ハビんぐ グラスハーモニー450プラス」「ハビんぐ グラスハーモニー360プラス」は2018年に発売されたシリーズ商品を、リニューアルして19年2月から発売された。

もともとのシリーズコンセプトとして打ち出していたのは、小動物用ケージとしてはそれまでにあまりなかったインテリア性の高い、ガラス素材を採用したシンプルなデザインの実現。ガラスはAGCグループ製の高品質ガラスを使用しており、もともと観賞魚用水槽のメーカーとして評価されてきた同社ならではのノウハウを最大限に生かし、自社工場でのガラス加工の精度と組立技術が応用されている。ケージの中で遊ぶハムスターをずっと見ていたいというオーナー層にとっては、“檻おり”のイメージがない透明度の高いガラスケースのほうが抵抗なく見やすい点や、また、購入後に組み立てに一定の時間が必要だった従来商品に比べて、パッケージから出せばほぼそのまま使用できる形状で販売する形式にしたことも注目点だった。

またガラスケージでありながら、扉を前面に観音扉形式で装備しており、上面から手を入れるとこわがる傾向にあるハムスターの習性にも配慮している。

今期の新商品として高く評価されたリニューアル商品は、静音性の高い回し車を装着したことが最大の改良点。夜行性のため夜間に回し車で遊ぶ習性のあるハムスターだけに夜間の静音性は大きなメリットとして評価された。

(右)ハビんぐ ハーモニートイレ (左)ハビんぐ ハーモニーホイール21
(右)ハビんぐ ハーモニートイレ
(左)ハビんぐ ハーモニーホイール21

この結果、リニューアル後の販売実績は計画の150%を記録。19 年9月には消費者のニーズに対応して、より大きいサイズの「ハビんぐ グラスハーモニー600プラス」を発売するなど、市場に大きなインパクトをもたらした。また併せて発売したハウス、トンネル、トイレなどの関連用品も本体と同イメージのシンプルデザインを採用しており、好調に販売実績を伸ばしている。

メーカー(担当者)のコメント
関連商品の発売・拡販で市場の活性化に貢献

マーケティング部マーケティング課チーフ 新藤健氏(左)、同社商品開発部プロダクツ課チーフ 西野和美氏(右)
マーケティング部マーケティング課チーフ 新藤健氏(左)、同社商品開発部プロダクツ課チーフ 西野和美氏(右)

今回の受賞はバイヤーさんに注目していただき、選んでいただけたという意味で大変うれしいです。小動物用品を10年以上手掛けてきた経験から生まれた新商品ですし、「グラスハーモニー」というネーミングも、商品の特徴を象徴すると同時に、お客さまに親しんでいただきたいという思い入れもありましたので、ひときわうれしいです。

注目される足掛かりになったのはやはりSNSだと思います。こちらからもインスタグラムを通じたモニターキャンペーンを実施したほか、YouTuberさんが紹介した動画が83万回以上再生されるなど話題になりました。

(左)ハビんぐハーモニースティック (中)ハビんぐハーモニーステップ (右)ハビんぐハーモニーバトン5 本入
【2020年春の新商品】
(左)ハビんぐハーモニースティック
(中)ハビんぐハーモニーステップ
(右)ハビんぐハーモニーバトン5 本入

また店頭でも、使用イメージがわかるような現物展示を提案し、効果的でした。販売価格面では通常のケージよりはややお高めにはなりますが、商品の魅力を伝えることで着実にニーズがとらえられたと実感しています。

ねずみ年の20年は、その飼いやすさからあらためて注目されているハムスター市場のさらなる伸長を期待しています。今回のヒットを機会としてエサ皿やかじり木など、デザインや品質にこだわったシリーズ関連商品を新たに発売し、販売強化に力を入れていきたいと思います。

ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020一覧

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media