【ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020】ペット:ドッグフード部門

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

小型犬種の増加と老齢化を背景にウェット系の犬用おやつの需要が拡大

猫用おやつ「CIAO ちゅ~る」の大ヒットをきっかけに、いなばペットフードを代表するブランドとなった「ちゅ~る」シリーズ。今回受賞した「いなば ちゅ~る」は、器に出して与えることも、袋からペーストを少しずつ出すことで直接舐めとることもできる、液状タイプの犬用おやつとなっている。

店頭を盛り上げる「いなばちゅ~る」のスイングPOP

犬用のフードは猫用と比較しドライタイプが中心であり、犬用おやつについてもジャーキーやガムなど、歯ごたえのあるドライの商品が中心だった。同社では缶詰の「贅沢シリーズ」やパウチの「グラシア」「ツインズ」といったウェットフード、「焼ささみ」のようなウェットタイプの犬用おやつを展開しており、2012年に新たな犬用おやつとして「いなば ちゅ~る」を発売。近年は、小型犬種の人気やペットの高齢化を背景に、軟らかく食べやすいウェットタイプの需要が上がっており、猫用の「CIAO ちゅ~る」のCMを見て、「うちの犬にも『ちゅ~る』を与えたい」というユーザーからの声も多かったという。

そこで同社は、18年秋に「いなば ちゅ~る」ブランドの大型リニューアルとラインアップ強化を実施。とりささみをベースに通常の4本入りだけでなく、8本、20本、40本と、ヘビーユーザー向けの大容量タイプの商品も多く取り揃えた。現在は、総合栄養食タイプや緑黄色野菜入り、チワワや柴犬などの犬種別商品、お腹や関節といった健康に配慮した商品も投入することで、ユーザーのさまざまなニーズに応えている。

愛犬が「いなば ちゅ~る」を食べている動画を投稿できるスマートフォン用アプリ「Wanちゅ~るメーカー」も配信。投稿された動画はTVCM にも活用される

18年冬にはテレビCMも投入。「CIAO ちゅ~る」のCMでもおなじみのフレーズに「ちゅ~る、ちゅ~る、Wanちゅ~る」というわかりやすい歌詞を乗せたこのCMは、TVやWEBのほか、店頭でも流れており、ブランドの認知向上に一役買っている。また、愛犬が「いなば ちゅ~る」を食べている動画を投稿できるスマートフォン用アプリ「Wan ちゅ~るメーカー」も19年3月より配信している。

メーカー(担当者)のコメント
ユーザーの増加に伴い猫用・犬用共に大容量パックを強化

猫用の「CIAO ちゅ~る」に続いて、犬用の「いなば ちゅ~る」が多くのユーザー、バイヤーの皆さまに支持されたことを大変うれしく思っています。12年春の発売当初はさほど注目されていませんでしたが、猫用の「CIAO ちゅ~る」が話題になったり、徐々に認知度が高まり、現在は猫用を上回る勢いで伸長しています。

「いなば ちゅ~る」の好調は、室内飼いしやすい小型犬種の増加や犬の高齢化も大きく影響していると考えます。また、当社はウェットフードのノウハウを多く持ち合わせており、素材の味を生かした自社工場での生産が、高い商品開発力と品質維持につながっています。

「ちゅ~る」はもともと、ペーストタイプのおやつとした商品設計ですが、猫用に比べ、犬用ではドライフードにかけて使用するユーザーが多くいらっしゃいます。総合栄養食タイプが好調に推移しており、「いなばちゅ~る」ブランド全体で現在70SKU以上のアイテムを有しています。

ユーザーとのコミュニケーションでは、猫用のスマートフォン用アプリ「CIAO ちゅ~るメーカー」に続き、「Wan ちゅ~るメーカー」を開発し、多くのユーザーから投稿をいただきました。投稿いただいた動画は、CMや3分動画に活用させていただいています。犬用、猫用共に大容量パックを強化するほか、犬用では1包の量が多い27gタイプ、ドライフードにかけやすいワンタッチタイプ、猫用では選べる楽しみが広がるバラエティパックの強化を図り、市場の拡大に貢献していきたいと思います。

需要の拡大に伴い、総合栄養食や健康配慮、グレインフリー、バラエティパックなど、犬用、猫用それぞれでラインアップを強化している

ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020一覧

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media