ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2020

Pocket

小動物・観賞魚用品が高評価

表1 
業績への貢献内容別の部門トップ5 
(有効回答数が10 社以上の部門から)

業績への貢献度の経営指標で、回答の多かった部門(中分類)のトップ5が表1だ(有効回答数が10社以上を対象)。

「販売数量」の2位になった生活家電から、ヒロ・コーポレーションの「キャットファン」が受賞。3位と4位のキャットフード、ドッグフード部門から、いなばペットフードの「CIAO ちゅ~る」と「いなばちゅ~る」、ハンドツールからベッセルの「電ドラボール」が受賞した。

「売上高」では、2位の園芸・農業機器からマキタの「充電式草刈機」が受賞。3位の小動物・観賞魚用品からジェックスの「ハビんぐグラスハーモニー」が受賞した。小動物・観賞魚用品は「利益率」でも2番目に回答率が高いカテゴリーとなっている。

また、「売上高」の4位の調理家電からワンダーシェフの「電気圧力鍋」が、5番目の薬剤からは、住友化学園芸の「ベニカXネクストスプレー」が受賞している。

ブランド力の上位5部門から受賞

表2
業績に貢献した要因に挙げられた部門別トップ5
(有効回答数が10 社以上の部門から)

業績に貢献した要因で回答率の多かった部門のトップ5が表2である(有効回答数が10社以上を対象)。

「ブランド力」では、上位5部門で受賞商品が出ている。芳香剤からプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンの「ファブリーズ イージークリップ防カビEXPERT」、薬剤から住友化学園芸の「ベニカXネクストスプレー」、キャット
フードとドッグフードからいなばペットフードの「CIAO ちゅ~る」と「いなば ちゅ~る」、調理家電からワンダーシェフの「電気圧力鍋」が受賞した。

「新規機能性」で回答率の高かった部門からは、ベッセルの「電ドラボール」、ジェックスの「ハビんぐ グラスハーモニー」が受賞した。

「価格(値ごろ感)」で回答率の高かった部門からは、パナソニックの「ヘアードライヤー ナノケア」、大橋産業の「前後録画ドライブレコーダーミラー」、ワンダーシェフの「電気圧力鍋」、マキタの「充電式草刈機」が受賞している。いずれも高機能ながら値ごろ感のある価格で販売された商品だ。

「斬新さ(デザインなど)」で回答率の高かった部門からは、ジェックスの「ハビんぐ グラスハーモニー」、花王の「アタックZERO」が受賞。「メーカーの広告力」では、上位3部門から住友化学園芸の「ベニカXネクストスプレー」、いなばペットフードの「CIAO ちゅ~る」と「いなばちゅ~る」が受賞している。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media