【ハイポネックスジャパン】2020年春に向け、機能性に優れた商品を発売 新たな顧客層の獲得にも期待

2020/01/24 10:51
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ハイポネックスジャパンは、2020 年春商戦向けの新商品として、優れたコストパフォーマンスを発揮する液体肥料「ハイポネックス専用液肥」6 品と、厳しい環境にも負けない植物に育てる新分野の資材「ストレスブロック」を発売する。
いずれも従来にないユニークな特長があり、新たな顧客層の獲得もねらえる商材として注目度が高まりそうだ。

「ハイポネックス専用液肥」シリーズ、
「ハイポネックス専用液肥」シリーズ、左から「観葉植物」「洋ラン」「野菜」「バラ」「芝生」「開花促進」

手軽に園芸を楽しめる専用液肥おしゃれで上品なデザイン

2020年2月、ハイポネックスジャパンが新たに販売する商品の1つは「ハイポネックス専用液肥」。「観葉植物」「洋ラン」「野菜」「バラ」「芝生」といった各種植物専用に加え、「開花促進」機能を持つ液体肥料の計6アイテムを揃える。

同社の代表的な商品には、ロングセラー商品の「ハイポネックス原液」がある。多様な植物を手軽に育てられる液肥として、ユーザーから長年高い評価を得ている。

取締役 家庭園芸部長桑田真也氏

そうしたなかで、各種植物に特化した商品を開発した背景とねらいについて、同社取締役家庭園芸部長の桑田真也氏は、次のように説明する。

「家庭園芸を趣味とする方の中には、特定の植物だけを育てている人も多くいらっしゃいます。今回、それぞれの栽培に適した専用の液肥を開発することで、より手軽に園芸を楽しんでもらいたいと考えました」。

6アイテムあるうち、「ハイポネックス専用液肥 観葉植物」には、ビタミン類やトレハロースを配合。チッソやリンサン、カリといった栄養素は、ポトスやベンジャミン、パキラなどの観葉植物が効果的に生育できる割合で入れている。

葉面からも吸収されやすい速効性のチッソを含んでいるため緑が鮮やかになる。

「洋ラン」も同様に植物に合わせた配合を行っており、美しく大きな花を咲かせ、開花に不可欠な株の充実にも優れた効果を持つ。「開花促進」は、花芽形成期に使用し、花を多く咲かせることに特化した商品で、「バラ」「洋ラン」などと併用することも可能。

いずれの商品も1滴に高濃度の養分を配合しており、素早く効果を発揮する特長を持つその名のとおり高品質な液肥である。

その品質に加えて、注目は容器のデザインだ。ベースカラーはパールホワイトで、そこへ「Top Quality」のロゴとともに、それぞれ洋ラン、バラ、芝生などの美しいイラストをあしらっており、これまでの肥料にはないおしゃれな外観に仕上がっている。シャンプーやリンスなどの美容関連商品のように見える点もユニークだ。

商談を進めているなか、ホームセンター(HC)企業の仕入れ担当者からも、「売場に陳列すると目立つ」「上品なイメージ」と好評を得ているという。

「女性受けもしそう」とあり、新たな顧客層の獲得も期待できそうだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media