ホームセンターの店頭プロモーション研究、購買意欲を高める提案型売場のアイデア

2020/01/17 15:08
ダイヤモンド・ホームセンター:石山真紀

近年、ホームセンター(HC)でも見せ方にこだわり、購買意欲を高めるVMDや体験型の売場づくりに力を入れる店舗が増えてきた。本誌が2018~19年に取材した店舗から注目の売場をピックアップし、各社がどのような施策をとっているのか見ていこう。

デザイン性の高い商品を多く揃える作業着コーナーホームセンターコーナン堺高須店(大阪府堺市)

コーナン商事(大阪府/疋田直太郎社長)の「ホームセンターコーナン堺高須店」は、女性や若年層の取り込みをねらった戦略店舗。化粧品や健康関連商品を集積した「ヘルス&ビューティ」コーナーを配置したほか、購入した木材や塗料を持ち込んで工作ができる「D・I・Y LABO」も目玉だ。また作業着コーナーではデザイン性の高い商品を多く揃え、着用シーンをイメージできる陳列も随所で見られる(写真❶)。

部門の枠を超えた売場展開ホームセンターコーナン大東新田店(大阪府大東市)

2019年3月オープンの「ホームセンターコーナン大東新田店」は、堺高須店で培った女性・若年層を取り込む施策をさらにブラッシュアップしている。リフォームコーナーでは「D・I・Yリノベーション」ブース内で取り扱うカッティングシートでデコレーションしたキッチンを展示。部門の枠を超えた売場展開に取り組んでいる。(写真❷)。 

インスタ映えを意識した撮影スポットホームズ新山下店(神奈川県横浜市)

売場で撮った写真をSNS上にアップする来店客も増えた。島忠(埼玉県/岡野恭明社長)の「ホームズ新山下店」は18年12月、体験型ライフスタイル提案店舗としてフルリニューアル。「寛ぐ」「眠る」「整える」「育む」「食べる」「癒し」「彩る」「作る」「贈る」の9つのテーマに合わせたルームスタイルによる体験型の提案を行っている。また売場から離れたスペースに撮影スポットを用意しており、インスタグラムなどのSNSに写真を投稿する来店客も多い(写真❸)。

吹抜デザインを採用したインテリアガーデンコーナーロイヤルホームセンターキセラ川西

近隣型ショッピングセンター(NSC)「オアシスタウンキセラ川西」の核店舗として入店したロイヤルホームセンター(大阪府/中山正明社長)の「ロイヤルホームセンターキセラ川西」では、同SCのメーンターゲットであるニューファミリー層と商圏北部の高齢者層の顧客支持獲得をねらっている。店舗入口のインテリアガーデンコーナーでは、同社初となる吹抜デザインを採用。什器や陳列も工夫するなど、内装にこだわった(写真❹)。

貼ってはがせる壁紙シートを提案サンデー矢巾店(岩手県紫波郡)

サンデー(青森県/川村暢朗社長)の「サンデー矢巾店」では「ホームソリューション(住まいに関する不満の解消)」をストアコンセプトに、「住」の専門性、「食」の利便性、「暮らし」のサービスを充実させている。商圏内が賃貸を含め新築住宅が増加傾向にあることから、貼ってはがせる壁紙シートの使用例をビフォー・アフターの写真を使ってエンドでわかりやすく紹介している(写真❺)。

実物に触れられる体験型の電動工具コーナー綿半スーパーセンター可児店(岐阜県可児市)

体験型売場はHCの売場づくりにおける直近のトレンドだ。綿半ホームエイド(長野県/御堂島司社長)の岐阜エリア初出店となった「綿半スーパーセンター可児店」は「リアル店舗の価値向上」をテーマに掲げ、実際に来店して楽しめるような品揃えや売場づくりに取り組んでいる。DIY売場の電動工具コーナーは壁面をいっぱいに使って商品を陳列し、いずれも現物に触れられるようにしている(写真❻)。

カーテンの遮音性、遮光性を体感できるコーナーホームズKITE MITE MATSUDO店(千葉県松戸市)

島忠の都市型新フォーマット店「ホームズK I T EMITE MATSUDO店」では、同社初の試みとして、カーテンの遮音性、遮光性を体感できるコーナーを設けた(写真❼)。

工房を通じモノづくりの楽しさを体験カインズ稲沢店(愛知県稲沢市)

カインズ(埼玉県/高家正行社長)の「カインズ稲沢店」はコンパクトなつくりながら直営カフェ「CAFÉ BRICCO」、幅広いモノづくりをサポートする「CAINZ工房」など最新の売場機能を導入し、カインズらしさを打ち出している。(写真❽)。

新しいアウトドアのかたち「ベランピング」を提案カインズ幕張店(千葉県幕習志野市)

新店やリニューアルに乗じて、新MD(商品政策)を取り入れる企業も増えている。
売場面積1万1539㎡を有する「カインズ幕張店」は同社初となるベランダでアウトドアを楽しむ「ベランピング」を提案。ガーデンファーニチャーやカトラリー、屋内外兼用できるインテリア用品など、さまざまな商品を組み合わせており、新しいアウトドアの楽しみ方が感じられるコーナーとなっている( 写真❾)。

アウトドア用品を新たに導入し楽しさを訴求ホームプラザナフコ西神戸店(兵庫県神戸市)

19年2月にリニューアルオープンしたナフコ(福岡県/石田卓巳社長)の「ホームプラザナフコ西神戸店」では、新たな売場としてアウトドア用品コーナーを導入。テントは組み立てて展示し、実際の使用シーンをイメージできるよう工夫している(写真❿)。

生活に取り入れやすい「簡単DIY」コーナーダイユーエイト喜多方店(福島県喜多方市)

ダイユーエイト(福島県/浅倉俊一社長)の「ダイユーエイト喜多方店」では、「簡単DIY」コーナーを設置。陳列棚の上部にはタイルシートや塗料を使ったサンプルを並べ、使い方を紹介する(写真⓫)。

ガーデン売場の観葉・多肉植物と関連商品の陳列ホームセンタームサシ久喜菖蒲店(埼玉県久喜市)

アークランドサカモト(新潟県/坂本雅俊社長)の旗艦店舗となる「ホームセンタームサシ久喜菖蒲店」では、ガーデニングの品揃えに注力。ガーデン売場にカフェを併設するほか、グリーンとテーブル・チェアのクロスMDに取り組むなど、見せ方も工夫している(写真⓬)。

※掲載した写真はすべて取材時のものです。現在の売場と異なる場合があります。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media