2019春夏ヒットランキング パスタ部門No.1は、新感覚パスタの市場定着を目指す「マ・マーPalette」(日清フーズ)

2019/12/23 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 文=室作幸江(ライター)

今年2月に発売した、パスタとパスタソースの組み合わせを楽しむ「マ・マーPalette(パレット)」がパスタ部門で1位に輝いた。調理は簡単に済ませたいが、おいしく楽しく食事を摂りたい人からの支持が高くなっている。来春に向けてプロモーションを強化し、市場にしっかり定着させていく考えだ。

ママー商品
パスタとソースを組み合わせて楽しめる「マ・マーPalette(パレット)」。パスタは小鍋で茹でられ、茹で時間は5分。ソースはあたため不要だ

 

簡便、少容量化ニーズに対応、1食分の丸型パスタを採用

 単身世帯や共働き世帯の増加により、調理の簡便性や少容量化に対するニーズが高まっている。また、おいしさだけでなく、楽しさやおしゃれなイメージを追求するユーザーも増えていることを受け、日清フーズでは今年2月に「マ・マーPalette」を新発売した。

 同商品は、もちもち食感のフェットチーネタイプのパスタ4種類と、パスタソース4種類を、好みで組み合わせて楽しめる新シリーズ。パスタは小さな鍋でも茹でられる丸型のコンパクトな設計で、深さ3cm程度の少ないお湯でも調理できるため、お湯を沸かす時間も短縮できる。パスタはプレーン、ほうれん草粉末入り、トマト粉末入り、小麦全粒粉入りの4種類で、見た目の楽しさも演出した。とくに緑色が鮮やかなほうれん草粉末入りが人気だ。

 「パスタは素材なので、あまり目新しい商品は出ていません。パスタの選択基準は太さや茹で時間が主なものでしたが、麺の形を変えたり、麺に色を付けることで、選ぶ楽しさを提供していきます」(加工食品事業部第二部 営業グループ主査 渡辺嘉久氏)調理は手間なく簡単に済ませたいが、味気なくならないように、楽しくおいしく食事がしたいという30~40代の女性から支持を集めている。

 一方、パスタソースは、あたため不要の茹でたパスタにあえるだけ。フェットチーネによく合うクリーミーな〈海老のトマトクリーム〉や〈帆立のレモンクリーム〉などのパスタソースをラインアップした。同シリーズのパスタとの組合わせを考え、ソースも1食分にすることで気軽にトライアルしやすい設計にしている。

 4月には女優の木村文乃さんを起用したテレビCMを投下。また、動画サービスのYouTubeなどのデジタルメディアでも配信し、商品の認知拡大を図ってきた。流通からも新しいコンセプトが評価され、店頭導入が進んでいる。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media