2019年春・夏の「新商品」ヒットランキング発表!消費者から高い評価を得られた商品とは!?

2019/12/17 09:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 文=室作幸江(ライター)

2019年 春夏 新商品ヒットランキング

新商品の登場は来店客に楽しみをもたらすと同時に、売場の鮮度感を上げてくれる。もちろん、カテゴリーの活性化にもつなが る。そこで今回、2019年春・夏の新商品を対象に売上に寄与している新商品を調査。本特集(全4回)では、とくに注目すべきカテゴリーについてヒットの要因を探ってみた。

「ありそうでなかった」商品に高い評価

 2019年2月~6月までに新商品・リニューアル新商品として発売された商品において、19年2月~9月までの8カ月間の売上を集計し、期間金額PIでランキングを抽出したところ(販売店率20%以上の商品が対象)、カテゴリーごとのランキング1位商品は、下記の図表に示す結果となった。ライフスタイルや価値観が多様化する今、大ヒット商品は生まれにくい。しかしながら、消費者の潜在的ニーズをとらえた商品は確実に受け入れられている。つまり、“ありそうでなかった商品”だ。その最たるものが、サントリーホールディングスの「GREENDA・KA・RAやさしい麦茶濃縮タイプ」。水とまぜるだけで、お好みの濃さに合わせて1~2Lの麦茶が簡単にできる濃縮タイプの180g缶入り麦茶だ。時短・省スペース・持ち運びも手軽であることから、小さな子供のいるファミリーや働く主婦などから高い支持を得た。

 また、プリマハムの「食彩の一皿切り落とし角切りベーコン」もこれまでにない発想の、ありそうでなかった商品だ。スライスタイプが主流のベーコンカテゴリーにおいて厚切りタイプの潜在需要に着目し、包丁いらずの切り落としタイプに仕上げたことで、調理の簡便さを実現。お肉の代わりにさまざまな料理に活用できる点も好評で、売上を伸ばしている。

主要カテゴリーにおける新商品ヒットランキング1位の商品
図表 主要カテゴリーにおける新商品ヒットランキング1位の商品 出典:KSP-POS(食品SM)に基づきダイヤモンド・リテイルメディアにて集計。期間は2019年2月~9月まで、販売店率20%以上の商品が対象。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media