まだまだほうじ茶には負けられない!「スポンジ生地が膨らみやすい」「無添加で退色しない」抹茶マーケットの革新続々

2019/11/22 06:00
兵藤雄之

2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産登録され、また訪日外国人の増加などにより、日本の食文化への関心が高まっている。なかでも「抹茶」は、茶カテキンやテアニン、ビタミンCなどにより「肥満予防」「アンチエイジング効果」「リラクゼーション効果」「認知症予防」「美肌効果」「虫歯予防」といった、効果・効能を期待できることもあり、海外でも人気となっている。(本稿は2019年10月2日から4日までの間、東京ビッグサイトで開催された第30回食品開発展2019での取材をベースとしています)。

flyingv43

横ばいのお茶市場にあって、大幅伸長してきた抹茶

 お茶全体の国内生産量はここ10年、ほぼ横ばいで推移しているのに対し、抹茶のもとになるてん茶(てん茶を石臼で挽いたものが抹茶)は約2倍の規模に成長している。茶道用以外に、食品加工用材料としての需要が大きく伸びているからだ。

 そうしたこともあり、今回、愛知県に本社を置く抹茶メーカー3社が『西尾の抹茶』を積極的にプレゼンテーションしていた。

 愛知県は、てん茶の生産量が京都府に次いで全国2位だが、全国的な知名度では遠く及ばないことから、地域をあげてブランド力の強化に取り組んでいる。『西尾の抹茶』は、特許庁の「地域団体商標登録制度(地域ブランド)」に認定され、20173月、農林水産省から「地理的表示保護(GI)制度」に登録されている。

業界で唯一、抹茶のみを原料に「退色」防止する技術を持つ

「抹茶を使ったお菓子やドリンク、アイスクリームなどが増えているが、実は、抹茶には光や熱、酸性に対し、“退色”(鮮やかな緑が落ちていく)しやすいという弱点がある」

 そう語るのは、業界で唯一、抹茶のみを原料に、退色の悩みを改善した抹茶製品『松鶴みどり』を販売する松鶴園(愛知県/若杉秀樹社長)の担当者だ。

 従来から、抹茶の退色を抑える方法として、着色料やクロレラ等で緑色の補強をするというケースがあるが、その効果は限定的で抹茶本来の風味も損なわれやすい。また最近では、世の中の健康意識の高まりから、着色料の有無を気にする消費者も増えている。しかし、同社の『松鶴みどり』を使用すれば、退色の心配も少なく、風味を落とすことなく、成分一括表示でも「抹茶」のみの表示ですむ。

 製造原価に少々、影響が出てしまうが、製菓製パンメーカー、飲料メーカー、酒造メーカー、レトルトメーカーなどに広く納品されており、その用途も、抹茶そば、抹茶白玉、抹茶チョコレート、抹茶ヨーグルト、抹茶カスタード、抹茶マヨネーズ、抹茶蒸しパン、抹茶ゼリー、抹茶ミルクプリン、抹茶クッキー、シフォンケーキなど幅広い。

「具体的にどこのメーカーが当社製品を利用しているかということは明らかにできないが、コンビニエンスストアやスーパーで必ず消費者の目に入るものに使われている」(同)という。

 

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media