米ビヨンド・ミート、来年末までにアジアでの生産開始へ

2019/11/08 15:30
ロイター

ビヨンドミート
植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートの執行会長を務めるセス・ゴールドマン氏は、中国進出への取り組みを進める中、来年末までにアジアでの生産開始を目指すと表明した。カリフォルニア州エンシニタスで6月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

[シカゴ 7日 ロイター] – 植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートの執行会長を務めるセス・ゴールドマン氏はロイターとのインタビューに応じ、中国進出への取り組みを進める中、来年末までにアジアでの生産開始を目指すと表明した。

ビヨンド・ミートは台湾やシンガポール、香港で商品を販売。中国への販売拡大を巡って競合のインポッシブル・フーズとしのぎを削る。中国で成功するには生産体制の整備やサプライチェーン(供給網)の構築などが不可欠となる。

ゴールドマン氏は「中国進出を間違えなく成し遂げるためには、計画を積み上げ、製造拠点をこの地域に置くことが必要と理解している。欧州では来年1ー3月期の生産を確約している。アジアでの生産はそこまで早く進まないが、来年末までの稼働を期待している」と語った。

中国での販売については準備が急速に進展しているものの、具体的に何かを明らかにする段階ではないとした。中国での販売価格は当面高めとなるが、生産拠点の整備に伴い将来的には競争力のある価格で商品を提供できると述べた。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media