注目メーカー=コーコス信岡、秋冬商戦に向け魅力的な新商品を投入

2019/08/19 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

細部にまでこだわるモノづくり

「GA-3910」シリーズ
ユーザーからの強い要望に応え、10月に発売する「GA-3910」シリーズ

 ワークウエアの専門メーカー、コーコス信岡が展開するブランド「グラディエーター」。おしゃれでカジュアルな見た目ながら、高い機能性、耐久性を備えるのが人気の理由で、今も着実に新たなファンを獲得する。2019年秋冬商戦に向けても魅力的な商品を投入する。

 今年10月に発売するのは、ジャケット、パンツがセットになった「GA -3910」シリーズである。

 色と風合いに深みを出した独自開発の生地「ストレッチコードピケ」に、ウオッシュ加工を加えることで質感を付加。スタイリッシュであるばかりでなく、動きやすく、タフな作業に耐え得るワークウエアのDNAをしっかり備えている。カラーバリエーションは、「サンド」「ネイビー」「アッシュ」「アーミー」の4種類をラインアップする。

 商品開発のきっかけは、ユーザーからの強い要望だという。

 「おかげさまで『グラディエーター』シリーズの売上は毎年、対前年比20%増で伸長しています。その中、上下で揃ったワークスーツを求める声が多く聞かれるようになり、その要望に応えようと考えました」。こう話すのは、企画室の林威喜次長である。

 カラーによりファスナーの色を変えるなど、細部にまでこだわったモノづくりにより、さらなる支持獲得をめざす考えだ。

予想を大きく上回る反響

躍動感あふれる展示
秋冬商戦のテーマは「アップデート」。既存概念を打ち破る、新たな取り組みにもチャレンジする姿勢を表現した躍動感あふれる展示

 一方、新たなマーケットの開拓にもチャレンジしている。

 19年春夏商戦に向け、コーコス信岡は「グラディエーター」の新シリーズとなる「ニオイクリアEX」を発売した。「消臭」をキーワードに、汗臭、加齢臭対策を施した機能性ウエアである。

 一般に汗臭、加齢臭の原因は、アンモニア、酢酸、イソ吉草酸、ノネナールという4つの成分といわれる。「ニオイクリアEX」は、日本製の特殊な消臭糸を編み込むことでそれらの成分を吸着、分解する。その効果は半永久的に持続する。

 発売後、予想を大きく上回る反響があった。とくに1度、買ったユーザーが、その後、追加購入するケースが多いという。「実感消臭」がコンセプトの商品が、徐々にファンを増やしている。

 現在、コンプレッションウエアはじめ数アイテムがあるが、同社では今後、靴下や肌着などの新商品も発売、品揃えを充実。林次長は「『消臭』へのニーズは考えていたより大きく、通年商材になる可能性もあるとみている。新たなマーケットの開拓をめざし、認知度向上を図っていきたい」と意気込みを見せる。

インタビュー:「差別化図れる商品で貢献したい」喜多村氏

喜多村浩司氏の写真
営業本部営業二部部長代理
喜多村浩司氏

 当社では、商品を開発するに当たり、ユーザー、量販店のバイヤーさまの声を重視しています。商談時のコミュニケーションを通じ、店舗での情報、また要望を把握し、新商品や既存品のリニューアルなどに反映させる方針です。

 その中、近年、着実に拡大しているのはカジュアルで、おしゃれなワークウエアへのニーズ。20~30歳代の比較的若い年齢層を中心に、年々、引き合いが強まっています。当社ではそういった要望に応えるため、魅力的な商品の開発を続けています。

 常々、当社が意識しているのは、ワークウエア専門メーカーとしてのモノづくり。ファッション性だけでなく、プロのタフな現場で使用できる耐久性、また作業しやすく、高い機能性を備えた、当社ならではの独自商品にこだわっています。

 年々、ホームセンター(HC)業界の競争は激化する傾向にあります。どの企業にとっても低価格商材は重要ですが、当社ではあくまで差別化につながる特徴のある商品で、より多くのファンを獲得したいと思います。

 魅力的な商品のラインアップを強化する一方、HC企業さまの売場をサポートする活動にも取り組んでいます。商品のよさを伝えるPOPや什器を提供するほか、効果的な売場づくりの提案などにも取り組んでいます。

 2019年秋冬商戦に向け、当社がテーマに掲げているのは「アップデート」。既成概念にとらわれず、新しい分野にも積極的にチャレンジします。差別化できる商品群を拡充、HC企業さまに貢献したいと考えています。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media