夏にあえて熱いものを食べる? ~ホットペッパーグルメ外食総研調べ

2019/07/31 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

夏に熱いものを最も食べるのは60代男性、避けるのは20代女性との調査結果。食べる理由は「胃腸や健康に良い、食欲増進」がもっとも多く、メニューでは「麻婆豆腐」が一番人気だった。女性は夏に「すっぱいもの」を意識。男女差がはっきりと出る結果に。

ホットペッパーグルメ外食総研

 ここ数年、夏の猛暑が話題になることが多いが、そんな中でも夏にあえて熱い食べ物を好んで食べるかどうかを調査した。事前の予想では、冷え症やオフィスの冷房の問題などで女性の方が夏でも熱いものを好むのではないかと考えていたが、結果は、僅差ではあるが男性の方が夏でもあえて熱いものを食べる傾向であることが分かった。夏に熱いものを食べる理由としては、「胃腸や健康に良さそう、食欲増進のため」「スタミナをつけたい」などが多かったが、女性では「冷え症対策」という回答が一定数あったのに対し、男性では「汗をかきたいから」という回答が一定数あり、同じ夏の健康対策でも、男女で理由に違いがあった。また、具体的なメニューでは「麻婆豆腐」や「辛いラーメン」といった辛い料理を夏の食生活に取り入れている人が多かった。なお、女性は意識して夏に摂取しているものが多い傾向があり、熱い食べ物以外にも「すっぱいもの」の摂取を男性より意識して食生活をしていることも分かった。

【トピックス】
・「夏に熱いものを食べる派」 は42.2%、
 「夏に熱いものは避ける派」 は57.8%。
・「夏に熱いものは避ける派」が最も多いのは20代女性(61.5%)、
 「夏に熱いものを食べる派」が最も多いのは60代男性(47.3%)。
 同じ年代の男女を比較すると、40代以外は男性の方が
 「夏に熱いものを食べる派」が多い。
・夏にあえて熱いものを食べる理由、
 1位「胃腸や健康に良さそう、食欲増進のため」32.9%、
 2位「スタミナをつけたいから」30.7%、3位「夏バテ防止のため」30.3%。

夏にあえて熱いものを食べることを好むのは、女性より男性がやや多い

 夏にあえて熱いものを食べることがあるかについて聞いた。“夏にあえて熱いものを食べる”、に「あてはまる」または「どちらかというと近い」と回答した合計の42.2%を「夏に熱いものを食べる派」、“夏に熱いものを食べることは避ける”、に「あてはまる」または「どちらかというと近い」と回答した合計の57.8%を「夏に熱いものは避ける派」とすると、「夏に熱いものは避ける派」が多数派であった。性年代別では、「夏に熱いものは避ける派」が最も多いのは20代女性(61.5%)、「夏に熱いものを食べる派」が最も多いのは60代男性(47.3%)であった。同じ年代の男女を比較すると、40代以外は男性の方が「夏に熱いものを食べる派」が多く、冷え症やオフィスの冷房問題などもあり、女性の方が熱いものを好むかもしれないという事前の予想を覆す結果となった。また、圏域別では、東海圏が唯一「夏に熱いものは避ける派」が6割を超えており(61.0%)、冷たいものを好む人が多いという結果となった。

■夏にあえて熱いものを食べることがあるか(全体/単一回答)
■夏にあえて熱いものを食べることがあるか(全体/単一回答)

次ページは
夏にあえて熱いものを食べる理由1位は?

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media