アマゾン、「置き配」を本格実施、自宅敷地内の指定場所に配達

2019/07/09 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

アマゾン
玄関や宅配ボックスなどを配達場所に指定すると、配達員がその場所に商品を置く 写真はロイター

 アマゾンは7月8日、自宅敷地内の指定場所に商品を届ける「置き配指定サービス」を本格的に始めた。

 玄関や宅配ボックス、ガスメーターボックス、車庫、自転車のかごなどを配達場所に指定すると、配達員はその場所に商品を置き、配達を完了する。再配達に伴う配達員の負担を減らすほか、注文客も再配達の時間を指定するなどの手間を省ける。天候などの状況により、指定場所に商品を放置しておくことが難しい場合は、電話などで注文客の都合を確認する。

 置き配の実施エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、静岡県、愛知県、大阪府、福岡県の一部地域。今後も大都市圏を中心に、サービスの実施エリアを拡大する。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media