ITが可能にする 爆買いなきインバウンド攻略法

2019/06/05 05:13
兵藤雄之

2019年5月8日から10日の3日間、東京ビッグサイトにて、第28回「Japan IT Week春(後期)2019」が開催された。そうしたなか、セミナーおよび展示内容を通じ、流通小売業にとって気になるキーワードに関する動向をレポートする。第4回は、インバウンド攻略法!

増え続けるインバウンド客だが、鳴りを潜めた“爆買い”

 2018年、インバウンド(訪日外国人客数)が3000万人を突破した。2020年の4000万人目標達成に向け、着実に数字を伸ばしており、インバウンド市場も拡大を続けている。しかしここ数年は「モノ消費」から「コト消費」への変化もあり、爆買いブームに湧いた2015年をピークに一人当たりの買い物金額は減少を示している。

 インバウンド客1人当たりの買い物金額がもっとも大きいのは中国だが、2018年は2015年に比べ3割以上も金額を減らしている。

「もう爆買いはしない。以前のように、中国人客一人ひとりにぴったりくっついて売場を案内しても、売上げは伸びない」

 今回のJapan IT Weekの展示ブースの中には、中国人が中心になってデモやプレゼンを行うところがいくつかあるが、そのいずれでも同じような声を聞いた。

 そしてそれに対するソリューションとして提案しているのが、先進テクノロジーを使って、人手をかけずに中国人客に買い物をさせる方法だ。

中国人観光客には、中国の先進技術が有効

「中国人には中国の先進技術で、インバウンドを成功へ。」をキャッチフレーズに事業を展開しているイー・ビジネス
「中国人には中国の先進技術で、インバウンドを成功へ。」をキャッチフレーズに事業を展開しているイー・ビジネス

 「中国人には中国の先進技術で、インバウンドを成功へ。」をキャッチフレーズに事業を展開しているイー・ビジネス(東京都/花 東江社長)では、中国語での対応のできるスタッフや中国語のメニュー作成も不要、QRコードを用意するだけで、注文から決済まで完了できる「QR order」を提供している。

 中国最大手のSNSツールWeChat向けのMINI PROGRAMとして利用するもので、店頭のQRコードをお客が読み込めば、その店で提供するメニューが中国語で表示され、お客はそこから注文をし、決済をすることができる。店のスタッフはお客に対し、何も対応する必要がない。ただ注文品を渡すだけだ。

 日本人の感覚では、あまりにも味気ない気がするが、同社担当者(中国人)に言わせると「中国人は便利さ重視。なんでも簡単なものが好き」ということだから、この仕組みでどんどん注文していくということなのだろう。

 このQR orderは飲食店での利用シーンを主として想定して提供されているが、手間暇コストをかけずに、中国人のお客に商品を購入してもらう仕組みと考えれば、小売店での活用も可能だろう。

 

次のページは
インバウンド客への“代替え提案”で欠品ロスを防ぐ

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media