CA Retail Marketing、デジタルサイネージ、ビーコン、アプリ、カメラを活用して店舗内のデジタル販促を支援

2019/05/29 15:50
ダイヤモンド・リテイルメディア

CA Retail Marketing

 株式会社サイバーエージェントは子会社の株式会社シーエー・アドバンスの100%子会社である株式会社シーエービーコンズの全株式を取得し100%子会社化するとともに、「株式会社CA Retail Marketing」(以下、CA Retail Marketing)へと社名変更し、デジタル販促支援全般へと事業内容を拡大していく。

 スマートフォンの普及により、オンラインとオフラインとを横断したユーザーの消費行動が進む中、実店舗での商品・サービスの提供を行う企業においては、テレビCMや新聞・折込広告などの紙媒体による店舗集客や販売促進を補完または代替する手法として、O2O広告の活用が増えている。

 また、オフライン販促においても、IoTやデジタルサイネージ技術の発展により、一部企業では店舗内に設置したサイネージで商品告知動画を配信したり、店舗来店時にユーザーに適した情報をスマートフォン上へ通知するといったデジタル販促施策の需要が高まっている。

 このような背景のもと、CA Retail Marketingは幅広くデジタル販促支援を行う会社として事業内容を拡大し、今後は、リアル店舗を展開する企業を対象に、店舗内のサイネージにおける動画コンテンツの企画立案、制作、運用まで一貫したサポートを行うとともに、ビーコンやカメラを用いた来店計測およびユーザーへのアプリ内プッシュ通知といった販促マーケティングのトータル支援を行っていく。

 CA Retail Marketingでは、これまでインターネット広告事業で培ってきた知見やノウハウを活かし、店舗の販促活動のデジタル化を推進することで、販促オペレーション業務の省人化の促進および小売企業の販促活動の効果最大化を支援していく。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media