6月4日は「虫ケア用品の日」、アース製薬が制定

2019/05/23 09:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

一般社団法人日本記念日協会から、2018年10月10日に登録認定された
一般社団法人日本記念日協会から、2018年10月10日に登録認定された

 アース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:川端克宜)は、6月4日を「虫ケア用品の日」として制定し、一般社団法人 日本記念日協会から2018年10月10日に登録認定された。

 同社が提唱する、害虫の駆除剤・忌避剤の総称である「虫ケア用品」について、6月4日が虫ケア用品の需要が年間を通じて、最盛期を迎える時期であることと、「ムシ」と読む語呂合わせから、「虫ケア用品の日」と制定。虫ケア啓発イベントなどを通じて、感染症リスクの啓発、薬剤の正しい理解・普及を促進する日として定めたという。

 同社は、2017年10月に「殺虫剤」と呼ばれていた商品群を、「虫ケア用品」と呼称変更した。「殺」という文字が、「人体に有害」「使うのが怖い」というネガティブなイメージを与え、使用をためらう消費者が一定の割合存在すること、人体用虫よけ剤「サラテクト」や空間用吊下げ虫よけ剤「アース虫よけネットEX」などのように、殺虫を目的としない商品群が、市場の約30%(※1)を占めていることがその理由だ。「虫を殺す」というより「人を守る』という想いのもと、「虫ケア用品」という呼称変更を啓蒙してきた。

 今後は、アウトドアイベントでの蚊の忌避対策ができるスペース「虫ケアステーション」の展開、虫ケアセミナーの開催、ホームページ「アース害虫駆除なんでも事典」による虫ケア啓発、害虫にまつわる書籍出版、売場での販促物の設置などを通じて、外来生物の脅威に着目し、虫が媒介する感染症リスクを啓発し、「虫ケア用品」でより快適な環境を提供できるよう活動していく方針だ。

アウトドアイベントでの「虫ケアステーション」展開の様子
アウトドアイベントでの「虫ケアステーション」展開の様子
小学校での出張授業なども実施して啓発活動に取り組む
小学校での出張授業なども実施して啓発活動に取り組む

 

※1 アース製薬調べ

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media